魔法ねこ少女くろね☆マギカ

新しいトピックを投稿   トピックに返信

Go down

魔法ねこ少女くろね☆マギカ

投稿 by モノクロサテン on Mon Feb 08, 2016 11:46 pm

どうもモノクロサテンです。
平文アンドちょびっとずつ更新予定です。
あるいはいつか突然まるごと消えるかも…

注意!
この小説はアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のスピンオフ小説です。
知らなくても楽しめると思いますが、原作を知っていた方がずっと面白くなる…はずなので気が向いたら原作も見てみてください。

それと、今DCDさんの書かれている小説も似たような路線だと思われますが、パクリではないないことを明記しておきます。
avatar
モノクロサテン
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 100
Join date : 2015/10/29
所在地 : 奈落『アビス』深界5層

ユーザーのプロフィールを表示 https://imgur.com/a/GnVFZ

トップに戻る Go down

Re: 魔法ねこ少女くろね☆マギカ

投稿 by モノクロサテン on Tue Feb 09, 2016 12:00 am

キャラクター紹介

くろね (天奈くろね)
冴えた赤の瞳を持つ黒いメス猫。
冷静で論理的。
三つ子の姉妹であるユカ、マリアとともにキュゥべえと契約し、魔法少女になる。

ユカ (流留ユカ)
琥珀色の瞳を持つ、三毛のメス猫。
お調子者でボケキャラ。
三つ子の姉妹であるくろね、マリアとともにキュゥべえと契約し、魔法少女になる。

マリア (浅見マリア)
深い碧の瞳を持つ、白いメス猫。
ロマンチストだが頑固な面もある。
三つ子の姉妹であるくろね、ユカとともにキュゥべえと契約し、魔法少女になる。

キュゥべえ
何処かからやってきた白い猫のような生物。
彼の仕事は女の子と契約して魔法少女になって貰うこと…らしい。
avatar
モノクロサテン
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 100
Join date : 2015/10/29
所在地 : 奈落『アビス』深界5層

ユーザーのプロフィールを表示 https://imgur.com/a/GnVFZ

トップに戻る Go down

Re: 魔法ねこ少女くろね☆マギカ

投稿 by モノクロサテン on Tue Feb 09, 2016 12:07 am

プロローグ

私は憶えている。

初めてこの目を開けた日のことを。

私は憶えている。

初めて見た己の姉妹を。

二匹とも安らかな顔で寝息を立てていた。

緩やかな腹式呼吸の音。

時折揺れるひげと、それを映す影。

私は憶えている。

父の姿を。

父の柔らかな、掴みどころのない香りを。

父の声を。

「さあ起きなよ三匹とも たった今、君たちの物語は始まった」


私は目を開けた。
avatar
モノクロサテン
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 100
Join date : 2015/10/29
所在地 : 奈落『アビス』深界5層

ユーザーのプロフィールを表示 https://imgur.com/a/GnVFZ

トップに戻る Go down

Re: 魔法ねこ少女くろね☆マギカ

投稿 by ラッキークロー@LC on Tue Feb 09, 2016 8:23 pm

 新小説おめでとうございます!

 そしてあの某SNSやコスプレイヤー達の聖母(自己見解)まどマギのスピンオフと聞いてその場で土下座しました!!! 今から更新がものすごく楽しみです!
 やはり私はくろね押しですね笑

 とても読みやすく、神秘的なプロローグにもわくわくが押さえきれません! 始動を楽しみにしています!
avatar
ラッキークロー@LC
副長
副長

投稿数 : 230
Join date : 2015/05/20
所在地 : 小説について何かご質問、ご意見等ございましたらお気軽にPMやTwitterの方へメッセージどうぞ!

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 魔法ねこ少女くろね☆マギカ

投稿 by モノクロサテン on Wed Feb 10, 2016 12:51 am

幸爪さん こんばんは&コメントありがとうございます!
今回の話は私の妄想が長年蓄積されて形になったもので、正直自信がありますw
まどマギを知らない方は勿論、本当にまどマギが大好きな方にも納得して楽しんでいただけるよう、丁寧に展開させていこうと思います!
avatar
モノクロサテン
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 100
Join date : 2015/10/29
所在地 : 奈落『アビス』深界5層

ユーザーのプロフィールを表示 https://imgur.com/a/GnVFZ

トップに戻る Go down

Re: 魔法ねこ少女くろね☆マギカ

投稿 by モノクロサテン on Wed Feb 10, 2016 6:30 pm

第一話 三匹の猫


全国的に朝。

XXX県、見滝原市の中、噴水のある綺麗な自然公園。

そこに三匹は暮らしていた。

「左いった左ぃ!」

人の少ない茂みのなかで、三毛猫が跳ね回る。

「代わるわ、任せて」「頼んだ~…!」

息をきらした三毛猫にかわり、美しい毛並みの白猫が駆け出す。向かい合うはカラス。つまり、狩りではない。

ケンカだった。

そのカラスはは既に羽が傷ついていて上手く飛べていない。先程三毛猫が一発喰らわせたからだ。

戦局はこちらが有利。白猫は軽いステップでどんどんカラスとの距離を詰めていく。

「残念だったわね、だけどこれでおしま…あっ!」

瞬間、逃げていたはずのカラスがとんぼ返り、白猫に向かって飛んで来た。

予想していなかったカラスの動きに白猫は思わず怯み、動きが止まってしまう。そしてカラスは白猫の鼻面を蹴って空中に飛び出した。

白猫に出来たのは反射的に目を瞑ることだけだった。カラスはヨロヨロと低空飛行している。どうやら近くの木を目指しているようだ。

「やられたわ…」

三毛猫、白猫ともにそのカラスを仕留めることを諦めた…

刹那。

カラスは突然上からの襲撃にあい、絶命した。黒猫が仕留めたのだ。

「くろね!」

二匹が喜びと驚きの声で彼女を呼ぶ。

カラスの目指している木の、その一番下についている枝に黒猫はいたのだ。翼をやられたカラスが逃げるならここしかないと既に踏んでいたのである。

「えへへ、やった」

くろねは少し微笑んだ。はにかみ、ともまた違う表情だ。

「これで今日の朝御飯は決まったね」

「いやぁー流石はくろねさん!シビレるねぇー!」

「いつから彼処にいたの?全然気づかなかったわ!」

三匹は駆け寄り、笑いあう。そしてそのまま流れで朝御飯になった。勿論、メニューは先程三匹で仕留めたカラスだ。

「ほれにひてもさ、くろねはいっふも機転がきふよね」

食事が始まって暫くして、三毛猫のユカがお喋りを始めた。頬張ったままなので上手く発音できていない。

「こら、ユカ、ちゃんと飲み込んでからしゃべりなさい」

それを嗜めるのは白猫のマリアである。彼女はその美しい毛並み同様、礼儀正しく上品な猫だ。

「いや、そんなこと無いよ。二人が追い詰めてくれたおかげだよ、ありがとうね」

ユカの賛辞に対し、控えめに答えるのはカラスに止めを刺した黒猫。黒猫のくろねである。

「なんだよおー!遠慮しおってからにこのこのー!」

「ユカ、食事中に他人の頭をわしゃわしゃするのはやめなさい!」

食事の場に毟ったカラスの羽と笑い声が満ちていく。幸せな、いつもの食事風景である。
avatar
モノクロサテン
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 100
Join date : 2015/10/29
所在地 : 奈落『アビス』深界5層

ユーザーのプロフィールを表示 https://imgur.com/a/GnVFZ

トップに戻る Go down

Re: 魔法ねこ少女くろね☆マギカ

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: