私は一体なんなのか。

新しいトピックを投稿   トピックに返信

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down

私は一体なんなのか。

投稿 by フェザーリーフ on Sat Dec 24, 2016 11:53 am

え~、お久しぶりです。
こんにちは^^
半年以上インターネットが使えませんでしたw

さて、今回の小説は、『あなたは普通の猫じゃない』のリメイクです。
「なんだ、また変なの作りやがって」と思った方、はい、すみませんです。

でも勝手に始めますよ、ええ。
ではではw
avatar
フェザーリーフ
見習い
見習い

投稿数 : 27
Join date : 2016/03/18
Age : 14
所在地 : ~♪ 広い宇宙の 数ある一つ

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 私は一体なんなのか。

投稿 by フェザーリーフ on Sat Dec 24, 2016 12:10 pm

登場猫紹介

  サンダー族
    母猫 スターダスト〈星くず〉
        真っ白な長毛の雌猫。瞳の色は薄い紫色。
        知的で優しい。リーフキットの母。
    子猫 リーフキット〈葉子猫〉
        お腹側は白い、三毛の雌猫。瞳の色は、ラピスラズリのような藍色。
        賢さは母譲り。ものの数秒で答えを出せる。優しく、面倒見がよい。
        笑顔で辛辣なことも言う。いつでも冷静。ただし、ごく希にハイテンションを見せることも。
        怒らせてはいけない。凍るような瞳で見つめられる。物理的に寒い。
        スターダストの娘。本作の主人公。
  リヴァー族
  シャドウ族
  ウィンド族
  スター族
    ブルースター〈青い星〉
      青みがかった灰色の毛の雌猫。瞳の色は青色。
      元サンダー族の族長。賢くて優しい。
    ファイヤスター〈炎の星〉
      淡いショウガ色の毛の雄猫。瞳の色は緑色。
      元サンダー族の族長。
    シンダーペルト〈消し炭色の毛〉
      消し炭色の毛の雌猫。
      元サンダー族の看護猫。
  その他


最終編集者 フェザーリーフ [ Sun Apr 09, 2017 12:35 pm ], 編集回数 3 回
avatar
フェザーリーフ
見習い
見習い

投稿数 : 27
Join date : 2016/03/18
Age : 14
所在地 : ~♪ 広い宇宙の 数ある一つ

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 私は一体なんなのか。

投稿 by ちくわ猫 on Sat Dec 24, 2016 12:12 pm

フェザーリーフさん!!
直接接触する事はありませんでしたが、お噂は聞いております(●´ω`●)
新小説、頑張ってください!
ちくわは全力で応援しますぞ。
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 私は一体なんなのか。

投稿 by フェザーリーフ on Sat Dec 24, 2016 12:20 pm

ちくわ猫  さん
            
    初めまして^^(だと思うのですけれど;チガッタラスミマセン)
  お名前がかわいいですね~(ちくわ大好き←)
                                                       
  本編にもいっていないのに、もうコメントをくださってありがとうございます^^
  フェザーはうれしい限りです・・・((感涙
  応援ありがとうございます。
  ご期待にそえるようがんばっていきたいと思います^^


最終編集者 フェザーリーフ [ Mon Jan 09, 2017 5:28 pm ], 編集回数 2 回
avatar
フェザーリーフ
見習い
見習い

投稿数 : 27
Join date : 2016/03/18
Age : 14
所在地 : ~♪ 広い宇宙の 数ある一つ

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 私は一体なんなのか。

投稿 by フェザーリーフ on Sat Dec 24, 2016 4:09 pm

プロローグ 
 
 「これが、近いうち起こること・・・なのですか?」
池をのぞきこんで目を見開く、消し炭色の雌猫。

 「・・ええ。確実にね。」
それに顔をしかめて答えるのは、美しい青い瞳をもつ雌猫。

 「何か・・・何か手を打たないといけません。だってまだ・・・あの方には」

 「そうね・・・。でも今、一族を救わなければならないとして・・・だめね、どちらも大切。」

 「ではどうするのです?」

 「シンダーペルト、あなたはどう思うかしら。」
いたずらそうに笑うその青い瞳の奥に、ある決心が浮かび上がる。

 「私は・・・“あの子”なら適任ではないかと。」

 「そうね、確かに・・・でも“あの子”には」

 「別の道・・・普通になって欲しかった、そう言いたいのでしょう、ブルースター。」
淡いショウガ色の雄猫がやって来て、口をはさむ。

 「・・・そうね。でも、一族を救えるのは“あの子”しかいない。」

 「ええ。ですから・・・」

 「まさか!ファイヤスター、会いに行くつもりでいらっしゃるのですか!?」

 「・・・私が行くわ。もう、こうなれば仕方ない。」

 「ブルースター・・・。」

 「でも、いきなり会うのは・・・そうね、一度族長に会って話してみましょう。」

 「ブルースター、僕は・・・。」

 「もう一度、一からみておいて。」

 「わかりました。」
ブルースターが去った後、
池に映っていたのは、美しい、三毛猫だった・・・。


最終編集者 フェザーリーフ [ Tue Dec 27, 2016 4:54 pm ], 編集回数 1 回
avatar
フェザーリーフ
見習い
見習い

投稿数 : 27
Join date : 2016/03/18
Age : 14
所在地 : ~♪ 広い宇宙の 数ある一つ

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 私は一体なんなのか。

投稿 by フェザーリーフ on Sat Dec 24, 2016 5:50 pm

✴あとがき
 
 さて・・・始めちゃいましたよw
 いやぁ、半年たってもこの文才(苦笑)
 意味不明ですね、これはもう。
                       
 一番最後、池に映っていたのは誰でしょうか。
 分かった方、いらっしゃいますか?
 分かりやすい・・・ですよね?ね?(必死に同意を求めるフェザー。)

※ご注意!!
本作品では、時間構成が大変矛盾しております。
本家では、1期で死んでしまった猫が、2期で出てくる猫と一緒に暮らしてたりなんかします。
ついでに、わけの分からんオリキャラが出てきます。
ご了承ください。
avatar
フェザーリーフ
見習い
見習い

投稿数 : 27
Join date : 2016/03/18
Age : 14
所在地 : ~♪ 広い宇宙の 数ある一つ

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 私は一体なんなのか。

投稿 by フェザーリーフ on Sun Apr 09, 2017 12:25 pm

第1話 予感

 体中を包む温もりに、安心して眠る子猫達。
 しかし、どうしても眠ることのできない子猫がいた。

 「眠れないの?リーフキット。」

 「・・・何か・・・嫌な予感がするの。」
 そんな我が子を見て、母スターダストは苦笑する。
 
 「でもね、リーフキット。ちゃんと寝ないとだめよ。
  何があったとしても、今、あなたに何ができるの?」
 その言葉に、決して悪意は無かった。

 「・・・何もできない。今の、私じゃ。」

 「・・・早く大きくおなり。
  そして、一族のために、あなたなりに力を尽くしなさい。」
 リーフキットは頷くと、体を丸めて眠りに落ちた。

 スターダストは、不安そうにリーフキットを見つめ、茂みの隙間から月を見上げた。
 


 


                   何かが、起ころうとしている。





 スターダストの目は、遠くの何かを見つめていた。
avatar
フェザーリーフ
見習い
見習い

投稿数 : 27
Join date : 2016/03/18
Age : 14
所在地 : ~♪ 広い宇宙の 数ある一つ

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 私は一体なんなのか。

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: