【1-1】絶対に笑ってはいけない寝ずの番【キャラ崩壊注意】

新しいトピックを投稿   トピックに返信

Go down

【1-1】絶対に笑ってはいけない寝ずの番【キャラ崩壊注意】

投稿 by 吉祥 on Wed May 30, 2018 9:10 am

【キャラ崩壊注意】
無言で寝ずの番をするとしたら、絶対誰か笑わせたりしてくるよね。

っていう安易な発想から生まれてしまったなにか。
単発です。

吉祥
見習い
見習い

投稿数 : 47
Join date : 2017/02/24

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 【1-1】絶対に笑ってはいけない寝ずの番【キャラ崩壊注意】

投稿 by 吉祥 on Wed May 30, 2018 9:10 am

「ではファイヤハートとグレーストライプは、朝日が昇るまで寝ずの番をしなくてはなりません。一言も喋ってはいけませんよ。」
「ブルースター!その前に話を...」
「これは大切な儀式なのよ。また明日聞くわ。あと...」
ブルースターは改めて2匹を見て、付け足した。
「もし笑おうものなら、見張りの時間は延長されます。」
「えっ!?」
ファイヤハートは思わず驚いた声を上げてしまい、グレーストライプに小突かれた。
幸いブルースターはそれを咎めずに歩き去っていった。


日は落ち、キャンプは静穏に包まれている。
ファイヤハートとグレーストライプは黙って見張りを続けている。
最初は、目が合ったら変顔をしたりしたが、お互いの顔を見て笑ってしまうこともなく、無事に時間は過ぎていく。

すると見習い部屋から、声が聞こえた。

「...トガリネズミ...川にいるよ...」
寝言だろうか?
すると今度は戦士部屋から声が聞こえる。
「そっちはスネークロックスだ!ヘビを追ってるぞ...」
「ヘビ...?」
笑いそうになって堪える。思わずグレーストライプを見ると、同じように笑いをこらえていた。
「ヘビ食べられちゃった...」
それが長老部屋から聞こえてきて、ファイヤハートとグレーストライプは同時に吹き出した。

シダのトンネルからイェローファングが顔を出す。「10分追加だ。」

抗議しようにも、無言の番である。グレーストライプと辛さを共有することも出来ない。心を引き締めて、姿勢を正した。


しばらく何も起こらなかったが、今度はダークストライプとロングテイルが戦士部屋から出てきた。

「タイガークローのあるあるネタやりまーす」
ファイヤハートが吹き出した。
「タイガークローの息が臭いのは周知ですが、彼の口が近い時に自分の鼻を押さえると、その後こっそり口臭チェックをはじめるー!」
グレーストライプは思わず喉を鳴らしてしまう。心当たりがあるようだ。
「ファイヤポー... ファイヤハートに話しかける前に、必ず我々に相談するー!」
笑いそうになったが、実際笑えないことに気がついて我慢するファイヤハート。
「この前副長になったことを嬉しそうに報告してきたー。『ついに副長になることが出来た。お前達のおかげだ。感謝している。』あんたが言うと、昇任したヤクザみてーだな!」
ネタよりも、ロングテイルの声真似の無駄に高いクオリティに笑ってしまう二匹。
「背中のハゲを...」
戦士部屋から、タイガークローが現れ、その場の4匹が固まる。
4匹の顔を順番に睨みつけたタイガークローの一言。
「背中のハゲをみんな見てるけど!実は顎の下にもある!めっちゃ気にしてる!!」
ファイヤハートとグレーストライプは我慢出来ずに声を上げて笑ってしまった。
「「「我ら闇の長い虎!」」」
ネーミングセンスがなさすぎる。

ネタが終わったのを見計らったイェローファングが再び顔を出す。「合わせて1時間の延長だ。」
笑っていたファイヤハートは、笑ったまま固まってしまう。

「はっはっは!ざまあみろ飼い猫!これが野生の猫だ!」
ダークストライプが吐き捨てて戦士部屋へと帰っていく。野生ってもはやなんだろう...

グレーストライプの顔を見ると、(なんでそんなに笑ってるんだ!)という顔をしている。お前も笑ってただろ!

そこからは、空が明るくなるまで何も無かった。
朝日が顔を出す。もうすぐ見張り(と謎の試練)が終わるのだと心が踊った。
「よう。」
背後から、ほっとする声が聞こえる。
ホワイトストームの声だ。
「寒かっただろう?もう喋っても...」
「こいつらはあと1時間10分の延長だよ!」
「...だそうだ。笑ってしまったことを後悔することだな。」
二匹はがっかりすると同時に、ほっとした。
この尊敬できる先輩は、僕らのことを笑わせに来なかった!

ホワイトストームは、二匹の間を通り抜けて、二匹の前を歩き去ろうとした。

ホワイトストームの目の前の地面が崩れ落ちる。
「...。」
進もうとしていた前足を止め、ファイヤハートとグレーストライプを見る。
二匹は何も知らないと必死に首を振った。
ホワイトストームは仕方なく後ずさりするも、今度は後ろの地面も崩れ落ちた。
方向転換して左右に抜けようとするも、どちらも崩れ落ち、ホワイトストームは孤島に取り残された。

「もうどうしようもなーーい!!」
そう言いながらホワイトストームは落とし穴に自ら自ら飛び込んで行った。

その思い切りの良さに、思わず笑ってしまう二匹。

そして案の定。
「10分追加で、残り1時間と15分だ。」
イェローファングはニヤニヤしている。


そこから1時間、ファイヤハートとグレーストライプは耐え続けた。
見習いも戦士も、面白がって彼らにネタを見せに来るが、正直もう眠くて笑う元気もない。目を開けて座ってるのがやっとだ。
ところで、『じ』とか『ふん』って何だろう...

ふと、ハイロックの方からタイガークローの声が聞こえた。
「ええっ!族長自ら獲物を捕りに行かれるのですか!」
族長の部屋からタイガークローとブルースターが出てくる。
「私もたまには狩りに行かないと、鈍ってしまうわ。」
「とんでもありませんよ。族長ともなればハンデがあっても獲物を捕れますよ!」
「ハンデ?任せなさい。 ここから1歩も歩かずに獲物を捕ってみせるわ。」
どうやって取るのだろうと、思わずファイヤハートとグレーストライプは注目する。そしてすぐ後悔した。

ブルースターは四つ足で立ったまま細かく動くことで、ホバー移動を始めた。
そのシュールさに思わず笑いそうになるが、すんでのところで耐える。
そのままキャンプの出入口に向かうも、狭いトンネルには、足を突っ張ったままでは通れない。
「ああ!少し太ってしまったかしら!」
2匹は同時に吹き出した。

「追加で残り20分っと。お前さんたち、見張りが好きだねえ。」
イェローファングがニヤニヤしながら二匹の前に現れた。
「戦士になる時はみんな通る道だ。頑張りな。」
そう言って歩き去ると、先程の落とし穴に落ちていった。

笑ってない。笑ってない...。

「グレーストライプが喉鳴らしたから残り30分だ。」
穴の底から声が響いた。

グレーストライプの方を見ると、灰色の戦士はそっぽを向いた。


「いいざまだな!」
落とし穴がなんやかんやで修繕された後、ダストポーとサンドポーが現れた。
「飼い猫には、私たちの試練は難しすぎたのかもしれないわね!」
グレーストライプの方を見ると、灰色の戦士はそっぽを向いた。
「これから俺たちは狩りに行くんだ!お前達がキャンプを見張ってるおかげで、安心して狩りに行けるな!」
サンドポーが驚いてダストポーを見る。
そしてそのままダストポーは去って行き、サンドポーが追いかける。
「ねえ!ネタをやるんじゃなかったの!?」
「忘れちまったんだよ!黙ってろ!」

笑わせに来たのだろうが、途中から恥ずかしくなったのだろうか?


「さて。」
ブルースターが、普通に歩いて(ホバー移動ではない)2匹の前に現れた。
「戦士になるために、何が必要かわかった?」
ファイヤハートは頷いたが、はっきり言ってわけがわからなくなった。喋っていけない時間であることにこっそり感謝した。
「敵の戦士と睨み合った時、敵が笑わせに来たらどうする?戦士ならどんな時でも平穏を保たなければならない。見張りをしている時なんて尚更よ。」
そうか。この儀式は必要なものだったんだ。
自分が飼い猫から部族に仲間入りをし、サンダー族に忠誠を誓い、掟を固く守る戦士になるために、一族のみんなが協力してくれていたんだ!
ファイヤハートは思わず胸を張った。
「イェローファング?残り時間は?」
「あと10秒だよ。」
「そう、なら今すぐ笑わせないと...」
ファイヤハートとグレーストライプは咄嗟に歯を食いしばり、ブルースターの言葉を待った。
「冗談よ。さ、見張りお疲れ様。もう喋っていいわよ。」
二匹は緊張を解いた。
「はぁああ!!」
「笑いすぎだよ...」
「グレーストライプの方が笑ってたよ!」
喉を鳴らしそうになって我慢する。
「...本当に時間過ぎました?」
「あと2分20...」
「終わってないじゃん!!」
「冗談だよ。もうお前達は立派な戦士だ!」
「...ほんとに必要なのかこれ!」



それからしばらく経って。

「それではサンドストーム、ダストペルト、あなたたちは今晩、寝ずの番をしなければなりませんよ。」
ファイヤハートは、いつぞやの仕返しに、何を言ってやろうか考えていた。
「もちろん喋ってはならないわ。」
二匹は頷く。そしてその次の言葉を待つ...

しかしブルースターは、何も言うことなくハイロックの下へ戻って言った。


「...あの時の試練は何だったんだーー!」
雪が降る中、頭を抱えるファイヤハートの姿がそこにはあった。

吉祥
見習い
見習い

投稿数 : 47
Join date : 2017/02/24

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 【1-1】絶対に笑ってはいけない寝ずの番【キャラ崩壊注意】

投稿 by 吉祥 on Wed May 30, 2018 12:26 pm

↓以下笑ってしまって戦士猫昇任が遅くなった猫達の一覧

吉祥
見習い
見習い

投稿数 : 47
Join date : 2017/02/24

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 【1-1】絶対に笑ってはいけない寝ずの番【キャラ崩壊注意】

投稿 by ペタルドロップ on Wed May 30, 2018 1:52 pm

はい...!!!イェローファングに1時間追加されました.....笑笑
avatar
ペタルドロップ
見習い
見習い

投稿数 : 14
Join date : 2018/03/02

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 【1-1】絶対に笑ってはいけない寝ずの番【キャラ崩壊注意】

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: