The SHADOW and LIGHT

Go down

The SHADOW and LIGHT Empty The SHADOW and LIGHT

投稿 by フォーニィラーク on Mon Dec 24, 2018 9:07 am

プロローグ





微風が木立の間をそっと吹き抜け、さわさわと 音を立てる。葉の摺れる音がし、ふたつの茂みの間から逞しい雄猫がするりと現れた。
 
今までずっと森の茂みの中を歩き続けていたが、急に視界が開け茂みから出た先は草原一帯が広がっていたため、雄猫は怪訝そうな表情を浮かべた。
 サンダー族の縄張りにこのような場所は無い。

冷たい月の光に洗われた青白い草原がたまに吹き抜ける微風に揺れている。

雄猫の他には誰も、何も無い。

雄猫は気付いた。

夢を見ているのだ。

戸惑いながらも辺りをきょろきょろ見回す。



その時、黒い影がさっと雄猫の前に舞い降りた。


月桂樹の冠を掛けた美しい漆黒の烏だった。初めて見たはずなのに、どこか懐かしさを感じる。

「グレイシャルスター、覚悟は良いな?」


雄猫は暫しその烏の美しさに見とれていたが、突然烏が口を開き、しかも自分の名を口にしたため、ぽかんと口を開け 答えるのに少々時間が掛かった。

「な…何故、烏が喋れるのだ?それに…おれの名前を…」
漆黒の烏は首をゆっくり振った。

「お前は、あの言い伝えを覚えているか」

サンダー族の族長は戸惑いながらも答えた。

「あ…ああ、忘れるわけが無かろう。あれは、おれと誰か、別の猫たちと関わりのある言い伝えであるとスター族から聞かされた。しかし、未だに半信半疑で本当かどうか分からないのだ」

「そうか」
 
烏は目を細めた。

「『遥か大古、力を無くした影は消え去りつつあった。光が部族を導き、平和をもたらしてくれるが、消えゆく影が再び蘇る時、平穏が失われ 恒久なる漆黒と無が訪れるだろう』。これは、ある1匹の猫に関する言い伝えでもあり、予言でもある。_______グレイシャルスター、お前にな。もしお前が使命を果たすことが出来なかった場合…どうなるかは分かっているな?」

グレイシャルスターは目を見開いた。
「そんな…何故、一体何故おれがそのような大役を任されるのだ?おれひとりではそのようなこと、不可能だ!!」

烏の目がきらりと光った。「そうだ。ひとりでは無理だ」

ゆっくり頷きながら言う。

サンダー族の族長はますますうろたえた。
「何が言いたいんだ?」

烏は答えた。

「ある三匹の猫がお前の力になる。お前の手となり足となり、共に部族の危機を救うだろう。しかし、消えゆく影はまだ未熟なその三匹を狙い続ける。お前は、奴から彼らを守ることもしなければならない」

グレイシャルスターは必死で告げられたことを理解しようとした。

「おれは…その、消えゆく影を始末しなければならない上に、奴からそのおれに力を貸してくれる三匹を守ることもしなければいけないのか?…無茶苦茶だ」
 
烏は同情するように頷いた。
「わたしも…今まで数々の偉業を成し遂げた英雄たちを見てきた。時には助言し、時には力を貸し…。だが、お前ほど宿命を背負った猫は初めてだ」

雄猫は暫くしてから口を開いた。

「たとえ困難でも、おれは、自分の使命をきちんと果たしたい。部族、部族仲間の為なら命を惜しまない。その覚悟で族長になり九生を授かったのだ。最期まで尽力するよ」

「わたしに出来ることはあまり無い。助言すらまともに出来ないかもしれない。だが、いつだってスター族がお前を導いてくれるだろう」

そういうと烏の姿が薄れ始めた。
 
風も強くなり、草原が大きく揺れる。

「まってくれ!頼む!その、消えゆく影が一体何なのかを教えてくれ!あと、予言の三匹が誰なのかも…」

グレイシャルスターは叫んだ。

しかし、風が激しすぎて族長の声は 掻き消されてしまった。

あの美しい烏の姿も見えなくなった。



「教えてくれ…」



ふと、グレイシャルスターの耳元で囁き声がしたような気がした。



「ふふ、わからない?わたしたちはいつもあなたの傍にいた_____ 」



その瞬間、大きく羽ばたく烏の羽が見え、冠から抜けた月桂樹の花弁と辺りの草原が一体化し、ぱっと消えた。





暗い闇の中、ひとつの声が静かに響き渡る。







「フェイディングシェイプ、奴が蘇る」


最終編集者 フォーニィラーク [ Wed Feb 06, 2019 11:37 am ], 編集回数 2 回
フォーニィラーク
フォーニィラーク
見習い
見習い

投稿数 : 19
Join date : 2017/11/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by フォーニィラーク on Mon Dec 24, 2018 9:15 am

皆さんお久しぶりでそして、メリクリです´-`)

半年?いやもっと?くらい浮上していませんでした…。初めて投稿したSea's storyも冒頭をいくつか投稿した所で全く執筆無く完結にはほど遠い中 新しくこちらの小説を始めるという、、なんだお前って感じですよね((汗  …はい。

Sea's storyは気が向いたらカタツムリペースで進めていきたいとは思ってますがこちら優先で執筆していこうと思います。


部族は本家のスター族含め5つの部族をそのまま、登場人物だけそっくり変えて物語を進めていこうと考えているので(というか終盤までの目処はもうたっている所)、どうぞよしなに


最終編集者 フォーニィラーク [ Wed Feb 20, 2019 3:08 pm ], 編集回数 2 回
フォーニィラーク
フォーニィラーク
見習い
見習い

投稿数 : 19
Join date : 2017/11/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by フォーニィラーク on Mon Dec 24, 2018 12:42 pm

登場人物








サンダー族



族長      グレイシャルスター【氷河の星】     銀灰色の青い目をした雄猫
副長      スカイラヴィーン【空の峡谷】         青い目をした金茶色のとら柄の雌猫
看護猫  シングルレイン【小石の雨】             灰色のとら柄の雄猫

戦士猫  
ゾイシアペルト【芝毛皮】                深い 緑色の目をした淡いとら柄の雌猫
               ファロウフロスト【黄褐色の霜】   黄褐色の雄猫。下腹部が白い
                                                                               弟子はスウィフトポー
               ブラストウィンド【激しい風】        焦げ茶色のとら柄の雄猫
                                                                               弟子はジニアポー
               ナイトストーム【夜の嵐】                琥珀色の目をした黒い雄猫
               ダスククロー【夕暮れの鉤爪】        黄褐色のとら柄の雄猫
               レインブラスト【雨の突風】            淡い灰色の雄猫
                                                                                弟子はオウシャンポー
                ヴェスパーブレイズ【宵の炎】       黄金色のとら柄の雌猫
                バージャーリーヴズ【新緑の葉】   緑色の目をした毛足の長い黄金色の雄猫
                スワンウィング【白鳥の翼】           琥珀色の目をした白い雌猫
                クラウドハート【雲の心】               緑色の目をした毛足の長い白い雄猫
                                                                                弟子はファギーポー
                 ミアーフロスト【湖の霜】              淡い灰色の毛に濃い斑点のある雌猫
                 アロウテイル【アロエ尻尾】          琥珀色の目をした三毛柄の雌猫

母猫        
 ミスティスケイプ【霞んだ景色】 琥珀色の目をしたくすんだ灰色の雌猫
                  フェネルハート【ウイキョウ心】 三毛柄の雌猫
                                                                                 ラックキットの母親。
                    アッシュファーン【灰シダ】         青い目をした銀色のとら柄の雌猫
                     子   レイヴンキット【烏の子猫】     白黒の雄猫
                            メドウキット【草原子猫】         黄金色のとら柄の雄猫
                            ローレルキット【月桂樹子猫】 銀色のとら柄の雌猫

長老          
   ヴィクスンペルト【狐の毛皮】          赤褐色の雌猫。琥珀色の目
                     ジャギッドスカイ【ぎざぎざの空】  青い目をした濃い灰色のとら柄の雄猫
                     トウプファー【灰褐色の毛】              くすんだ灰色の雄猫
                     ヴェイルフット【谷の足】                 焦げ茶の雌猫




















シャドウ族



族長          レインスター【雨星】                            
副長          スワロウフライト【飛ぶツバメ】
看護猫      エコーストリーム【木霊の小川】
                  弟子はスクリーポー【瓦礫足】

戦士猫    
 ナイトファング【夜の牙】  弟子はヘヴィーポー【重い足】
                  ブライトローズ【明るいバラ】
                  ダークスカイ【黒空】         弟子はラークポー【ヒバリ足】
                   マッドリーフ【泥葉】
                   ボックスファー【ツゲ毛】 弟子はマロウポー【ゼニアオイ足】
                   スラッシュフェザー【ツグミの羽】
                   フォードクラウド【浅瀬の雲】
                   ブリークウィンド【冷たい風】
                   ブラッシュハート【バラ色の心】
                   ラッシュクロー【イグサの鉤爪】   弟子はドーンポー【夜明けの足】
                   ターフクラッグ【芝生の岩】
                   ウィロウフラワー【柳の花】
                   サンドクラウド【砂雲】
                   シンダーリーフ【消し炭色の葉】
                   グラステイル【草尻尾】
                   ブラックストライプ【黒い縞】
                   マウステイル【ネズミの尻尾】

母猫      
    ディールフット【松足】
                   グレーフロスト【灰色の霜】  レパードキットとベイキットの母親。
                   ブロークンフェザー【壊れた羽】 スプリングキットの母親。
                   アッシュペルト【灰毛皮】

長老      
     リヴァースモーク【川煙】          
                    シュルーノウズ【トガリネズミの鼻】
                    ジェットファー【漆黒の毛】
                    ペブルウィスカー【小石のひげ】
                    マッドイヤー【泥の耳】


















リヴァー族



族長               ジェットスター【漆黒の星】
副長               フレアナイト【燃え上がる夜】
看護猫           フロストレイン【霜雨】

戦士猫        
   ライオンクロー【ライオン爪】
                       ヘヴィースノウ【大雪】
                       ナイトシェイド【夜の影】 弟子はシアーポー【焦げた足】
                      パイドファー【斑の毛】    弟子はサニーポー【晴れた足】
                       トールクラッグ【背高岩】
                       ジャギッドハート【ぎざぎざの心】 弟子はエイコーンポー【ドングリ足】
                       レインフェザー【雨の羽】  弟子はストーンポー【石足】
                       ミアーウィング【湖の翼】
                       エイクルーファー【淡褐色の毛】
                       ランブルロード【曲がった道】    弟子はバーンポー【小川足】
                       ホークファング【鷹の牙】
                       ダストフレックス【土の斑点】
                       ブライアーローズ【イバラのバラ】
                        ヘーゼルウィスカー【ハシバミひげ】
                       シーダーミスト【ヒマヤラスギの霧】

母猫          
    ヴェインフラワー【鉱脈の花】  子はムーンキット、フレイムキット、ターン
                                                                                      キット
                       ターンブリーズ【湖の微風】
                       ヘイズスカイ【霞んだ空】  イーグルキットの母親

長老              
フォレストブレイズ【森の炎】
                      グレーバード【灰色の鳥】
                      ダプルマズル【斑の鼻面】
                      ポピーテイル【ケシ尻尾】


















ウィンド族



族長                トーリッドスター【炎熱の星】
副長                リヴァーブレイズ【川の炎】
看護猫            ファルコンフェザー【ハヤブサの羽】
                       弟子はリーフポー【葉足】

戦士猫            
フレアペルト【燃える毛皮】
                       マッドフロスト【泥霜】
                       フォックスクロー【キツネ爪】 弟子はピーとポー【泥炭足】
                       ディープストリーム【深い小川】
                       シャロウストリーム【浅い小川】
                       クラッグテイル【岩尻尾】  弟子はペブルポー【小石足】
                        クラウドソーン【雲の棘】 弟子はホワイトポー【白い足】
                        ローンファー【芝生の毛】
                        グレアウィンド【光の風】 弟子はフローレットポー【小花の足】
                        シアーウィスカー【焦げたひげ】
                        デューハート【露心】

母猫        
     バザードスウープ【襲いかかるノスリ】  グラウスキットとメイプルキットの
                                                                                                     母親。
                     ドーンリヴァー【夜明けの川】
                      ハニークラウド【ハチミツ雲】

長老            
  サリーンスカイ【晴れた空】
                       フォレストテイル【森尻尾】
                       ファーンリーフ【シダ葉】
                       ヘイルフット【あられ足】
                       バッドストライプ【蕾の縞】
                       レッドヘイズ【赤い霧】
                       ブランブリングフライト【飛ぶアトリ】








その他


       フェイディングシェイプ【消えゆく影】  黒っぽい灰色の雄猫。
     
       ギュールズアイズ【赤目】                          両目が赤い真っ白な雄猫。赤色という珍しい目
                                                                                 の色をもち、謎に包まれている。
                                                                                 
       グランドストーム【雄大な嵐】                深い緑色の目をした灰色がかった白い雄猫。
                                                                                  ギュールズアイズの双子の弟


最終編集者 フォーニィラーク [ Tue Feb 05, 2019 3:05 pm ], 編集回数 1 回
フォーニィラーク
フォーニィラーク
見習い
見習い

投稿数 : 19
Join date : 2017/11/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by フォーニィラーク on Mon Dec 24, 2018 1:46 pm


第1章






「お母さん、いってきまーす!」

三匹の子猫が元気よく保育部屋から飛び出した。

「レイヴンキット!メドウキット!ローレルキット!戦士の皆さんに迷惑をかけるんじゃありませんよ」
「大丈夫よ、アッシュファーン!だって、あたしたちもうすぐ見習いになるもの!」

銀色の雌の子猫が言った。

母猫が耳をぴくっと動かした。「出来るだけ早く戻ってらっしゃいね」

三匹の子猫は揃って返事をし、走っていった。



「メドウキット、お前は今日もシングルレインの所か?」レイヴンキットが走りながら尋ねる。
「うん。薬草を振り分ける手伝いをするって、昨日約束したんだ!」
ローレルキットが言った。
「あなたなら絶対シングルレインの弟子になれるわ!看護猫の素質があるもの!」
「うん…!そうだといいな…!」

レイヴンキットが尻尾で弟の耳を弾いた。
「心配するな。でなきゃ他に誰がシングルレインの弟子になるっていうんだ?」

メドウキットは笑顔で「ありがとう!じゃ、行ってくる!」と言うと、看護部屋の方へ走っていった。

「いってらっしゃい!」
残った二匹は尻尾を振って見送った。


「レイヴンキット、今日はどこに行く?」

「うーん、僕長老たちの部屋に行きたいな…」

ローレルキットは頷いた。
「賛成!色々なお話が聞けるかもね!じゃあ行きましょ」

レイヴンキットが先に駆け出した。「競走だ!!」

二匹は全速力で走っていった。そのため、長老部屋に着いた時入口から出てきたヴィクスンペルトに危うくぶつかりそうになった。

「わっ ごめんなさい!」

赤い雌の長老は穏やかに言った。「大丈夫よ、間一髪で避けたから、心配しないで。若い子は元気で羨ましいわ」
ローレルキットが元気よく言った。
「あたしたち、昔話を聞きに来たの!何か話して下さい!」

ヴィクスンペルトが言った。
「そうかい。けどあたしは今から用を足しに行ってくるから先に中に入っておいき。トウプファーとジャギッドスカイがいるから、何か話してくれるだろうよ」
そう言って空き地の向こう側へ向かった。

「行こう!レイヴンキット!」



二匹は中に入っていった。ヴィクスンペルトに言われた通り、長老部屋の中にはトウプファーとジャギッドスカイが苔のベッドで丸くなっていた。

「おやおや、レイヴンキットにローレルキット!」
レイヴンキットが言った。
「昔話を聞きに来ました!何か面白い話をしてくれませんか?」

トウプファーが頷いた。
「なにがいいだろう」

ジャギッドスカイが言う。「ほら、あれはどうだ?部族間の言い伝えのこと。確か、まだお前達には話していなかったよな?」
「何ですか?」

トウプファーが話し始めた。
「それがいいな。いいか?お前たち、おれたち部族の間には古くからの言い伝えが存在するんだ」
ジャギッドスカイが後を続ける。
「『遥か大古、力を無くした影は消え去りつつあった。光が部族を導き、平和をもたらしてくれるが、消えゆく影が再び蘇る時、平穏が失われ 恒久なる漆黒と無が訪れるだろう』というやつだ」

二匹はぽかんとしながら聞いていた。「なんか…難しくて僕には分からないや」
トウプファーが声をあげて笑った。
「ああ…確かにまだ幼いお前達にとっては少々難しすぎたかね。しかし、部族猫なら誰だって知っている言い伝えなのだよ」

するとレイヴンキットが言った。「幼くなんかないです!僕達もうすぐ見習いになるんですよ!」
ローレルキットが口を挟んだ。
「本当のことなんですか?予言とか?」

ジャギッドスカイが答えた。
「分からん。ただの言い伝えかもしれないが、誰も本当のところは分からないのだ」

そこへ、誰かが部屋に入ってきた。

ヴィクスンペルトとメドウキットだ。

「おかえり、ヴィクスンペルト」

「メドウキット、どうしたの?」ローレルキットが尋ねた。

「長老たちのノミ取りをしに来たんだ。シングルレインに頼まれたんだよ」
メドウキットは答えた。
「何か話していたんですか?」

トウプファーが言った。「言い伝えの話をしていたんだ」

「言い伝え?」
ヴィクスンペルトのノミ取りを始めながらメドウキットが聞いた。

「遥か大古、力を無くした影は___ 」
「あっ僕聞いたことがあるかも!」

レイヴンキットが尋ねた。「えっ?いつ?」
「前にシングルレインが言ってたんだ。影がどうのこうのって…」

「有名な話だからね」ヴィクスンペルトが瞬きした。

「ジャギッドスカイ、次ノミ取りましょうか?」メドウキットが作業を終え、灰色の雄猫に体を向けた。
「いや、多分わしの体にはいないだろう。それより、トウプファーの毛を見てやっておくれ」
「分かりました」
メドウキットはトウプファーのくすんだ灰色の毛を調べ始めた。

「それにしてもお前は優秀だな、メドウキット。シングルレインは跡継ぎにも困らんだろう」ジャギッドスカイが感心したように言った。

「ありがとうございます!そう言って下さって嬉しいです」
メドウキットが尻尾を振って言った。

「あたしたちの指導者は誰になるかしら?」
ローレルキットが呟いた。
「グレイシャルスターはきっといい指導者を見つけて下さるわ」ヴィクスンペルトが優しく言った。


「レイヴンキット!ローレルキット!どこにいるの?メドウキット?」


母のアッシュファーンの声が聞こえてきた。

「お母さんが呼んでいる!」
トウプファーがみんなの背中を押した。「ほら、行ってきなさい」
メドウキットも作業を終わらせて兄妹の後に続いて行った。

「アッシュファーン!」

母はこちらに気づくと、早足で歩いてきて嬉しそうに言った。
「今日グレイシャルスターがお前達の命名式を開いてくださるそうよ」

それを聞くなりレイヴンキットが飛び上がって喜んだ。
「やったあ!ついに見習いになるんだ!」

アッシュファーンが言う。
「ちゃんと身支度をしていてね。毛がぼさぼさの状態で式に出たら恥ずかしいから。私はお父さんとお昼を食べてくるわ」

そう言ってアッシュファーンは獲物置き場に歩き去っていった。

「いよいよ今日、見習いよ!」

「楽しみだね!」





フォーニィラーク
フォーニィラーク
見習い
見習い

投稿数 : 19
Join date : 2017/11/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by フォーニィラーク on Sat Dec 29, 2018 10:25 pm

第2章





暖かくなりつつある木枯らしがキャンプを吹き抜ける。
太陽が丁度天辺に昇った頃、 一族を召集する族長のお馴染みの声が空き地に響き渡った。

「自分で獲物を捕まえられる年齢の者は全員、このハイロックの下に集合しろ。一族の集会を始める」

程なくして一族がわらわらとハイロックの元に集まってきた。

レイヴンキット、メドウキット、ローレルキットの三匹も、母親のアッシュファーンの後に続いて保育部屋から出てきた。

皆、母親から入念に毛繕いをされ、午前中の苔の屑がくっついてぼさぼさだった毛とは打って変わって艶やかな毛並みになっている。

メドウキットは、シングルレインの姿を見つけようときょろきょろと辺りを見渡した。

どうか僕の指導者になってくれますように…。

 シングルレインからは自分の指導者になる等といった話は全く聞かされていなかった。
ふた月程前ホワイトコフにかかったメドウキットは、一時期看護部屋で過ごし、シングルレインから治療を受けてもらっていた。
その際薬草の種類や効用を覚え、ホワイトコフが完治した後もよく看護部屋に通い、シングルレインの手伝いをしながら怪我をした戦士の手当の仕方などを少しずつ教えて貰っていたのだ。

すっかり打ち解けた師弟のような関係になり、将来は看護猫になりたいですと伝えたら微笑んで お前が看護猫になってくれたら一族は大助かりだな と、シングルレインは言ってくれたのだ。

前々からよく通っていた看護猫の姿を見つけられないままメドウキットは前の方に誘導され、気づけばもう儀式が始まろうとしていた。

グレイシャルスターがハイロックから軽やかに飛び降りた。

いよいよ始まるんだ…!


一族のざわめきが止む。暖かい風がそっとメドウキットのひげを揺らした。

まず呼ばれたのは兄のレイヴンキットだった。

「レイヴンキット、前へ来なさい」

グレイシャルスターが尻尾を振る。

兄は誇らしい気持ちと緊張の混じった表情で前へ進み出た。不安そうにちらっと後ろを振り向いたが、父のダスククローが励ますように頷き、レイヴンキットは再び前に直った。

「本日より、戦士名を獲得するまでの間 この見習いを、レイヴンポーと名付ける。指導者は_____ 」そこで言葉を切り、目当ての戦士がいることを確認した。

「ナイトストーム」


名前を呼ばれた戦士が群れを掻き分けて前へやってきた。
レイヴンポーに負けないほど誇らしげに琥珀色の目を輝かせている。

「お前は聡明で、高い戦闘能力を持っている。そのお前の持つ全ての能力をこの見習いに伝授してくれ」

黒い戦士は大きく頷いた。
「ご期待に応えられるよう尽力致します」

そう言い、屈んでレイヴンポーと鼻面を触れ合わせた。



二匹が後ろに下がった。


「次はメドウキット」族長が呼ぶ。「前においで」


メドウキットは、震える足取りで前に進み出た。尻尾をピンと立てているが、緊張のせいでぷるぷる震えてしまっている。


指導者は誰だろう?


そう思った時、視界の端にシングルレインの姿を捉えた。

まさか…?


思わず看護猫の方を顧みる。

シングルレインは安心させるように 視線をメドウキットに投げかけた。

     
「本日より___ 」族長が口を開いていた。
「戦士名を獲得するまでの間、この見習をメドウポーと名付ける。指導者は、シングルレインだ」


メドウポーは嬉しさのあまりその場で小さく飛び上がった。

やった!看護猫の弟子になれるんだ!!


「お前は数ヶ月前からシングルレインの作業を手伝っていた。飲み込みも早く、器用で手際も良いと彼から聞いている。シングルレイン、是非君の看護猫としての知識をこの子に伝授してくれ」  


「はい。喜んでこの子を指導します」   



シングルレインが、先程のナイトストームのように屈んで鼻面を触れ合わせてきた。
メドウポーは伸び上がってそれに応えた。

「おめでとう。これからよろしくな」

メドウポーにしか聞こえない声で新しい指導者が囁いた。


「はい!嬉しいです!」



そして最後はローレルキットだ。

姉の指導者はヴェスパーブレイズになった。



「レイヴンポー!メドウポー!ローレルポー!」



新しく見習いとなった三匹を祝福する声が一族からあがる。



「今日新たに、サンダー族に新たな見習いが加わった」
グレイシャルスターが全員に語りかける。

「今年の枯れ葉の季節はホワイトコフやグリーンコフが流行り、命を落とす者もいて大変だった」

それを聞いてエイクルーフェザーのことを思い出したのか一族の何名かが辛そうに俯いた。

「だがこの子達は生き延びた______ メドウキットに至ってはホワイトコフにかかったにも関わらず元気になって今こうして見習いになることが出来た。また、若葉の季節にはフェネルハートの子供たちも見習いに昇格出来るだろう。この先、ますますサンダー族が繁栄することが楽しみだ。スター族の恩恵に感謝する」

そう締めくくり、族長はこれでお開きだ、と尻尾を振って合図した。


一族がメドウポーたちにお祝いの言葉をかけに集まってきた。


「おめでとう!」「がんばれよ!」


母のアッシュファーンもやってきた。


「皆、堂々としていてとっても良かったわ!指導者の言うことをよく聞いてしっかり訓練するのよ」

そう言ってひとりひとり額を舐めていく。


「僕、緊張して族長の目を全然見れなかったよ」

父のダスククローがやってきた。

「誰だって命名式の時はそんなものさ」


ローレルポーが待ちきれない様子で言った。
「あたし、早く縄張りの境界線とか見て回りたい!」

「僕も!」レイヴンポーも言った。


ヴェスパーブレイズとナイトストームが頷き、「じゃあ、一緒に行きましょうか。縄張りを紹介して回るわ」と言った。

「やった!狩りもしますか?」

ローレルポーが目を輝かせて尋ねる。

「時間があったらね。その前に疲れて動けなくなるんじゃない?」


「あ、メドウキット…じゃなかった、メドウポー、
お前はどうする?一緒くる?」

兄が振り向いて言った。どうするか分からないので ちらっとシングルレインの方を見上げる。

「いや、こいつは今日は薬草の片付けを手伝って貰うんだ。縄張りの案内はまたいつかするよ」

「分かったわ。じゃあ私とナイトストームでさきに行ってくるわね」
ヴェスパーブレイズが耳をぴくっと動かした。

「レイヴンポーもローレルポーも気をつけてね」

「ええ!あなたにとびっきりの獲物を捕まえてきてあげるわ!」
「僕はクロウタドリを捕まえるんだもん!」

二匹が競り合う。


「忘れるなよ、お前達。あくまで縄張りを歩いて回るのがメインだからな」
ナイトストームが窘めるように言った。

4匹は揃って空き地を横切って行き、キャンプの出入口から出ていった。


「さて、」
シングルレインが言う。


「これでやっと本格的な指導がお前に施せるな」


「はい!シングルレインを超えられるように頑張ります」

すると指導者はにかっと笑い、「オレが隠居するのとお前に一人前の毛が生えてくるのとどっちが先だろうな」と言った。

「もう、茶化さないで下さいよ」



メドウポーはこういったシングルレインの愉快さも好きだった。
フォーニィラーク
フォーニィラーク
見習い
見習い

投稿数 : 19
Join date : 2017/11/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by フォーニィラーク on Sun Feb 03, 2019 12:22 pm

第3章







 じめじめとした空気が洞に籠り、枯れ葉の季節らしからぬどんよりとした湿気のせいでいつもは滑らかな雄猫の灰色の毛並みも艶を失っている。

もう一族のほとんどが眠りにつき、キャンプの見張りも欠伸をし始める頃だろうと思い巡らしながら、視線を部屋の出入口へ漂わせる。
 
キャンプは不気味なくらいの静寂、そして湿気とに満ちている。
 
雄猫は頭を振った。


全く、こんな枯れ葉の季節ににわか雨が降るなんて 可笑しな気候だ。



なかなか眠りにつけず少し外に出て散歩をして来ようかと思ったが、こんな空気では返って気分が悪くなるだろう。

 隣でスースー寝息を立てて眠っているつれあいの形の良い頭をちらりと見やる。

 自分があの言い伝えと深く関わっていることは、隣で寝ているゾイシアペルトさえ知らない。
あの月桂樹の冠をつけた烏が夢に現れてからというもの、聞かされた言葉が頭から離れなくなった。

 あの烏は、3匹の予言の猫はおれの傍に居たと言っていた。

無論、それが誰なのかは検討もつかない。
しかし、今日の正午に行った命名式で、雄猫はある思いが確信へと変わっていった。


   あの幼い3匹の顔を思い浮かべる_____…




はぁ、と短くため息をついた。


隣で寝ていたゾイシアペルトがもぞもぞと体を動かした。

「グレイシャルスター?どうしたの、寝付けない?」
と、寝ぼけ眼で尋ねる。

グレイシャルスターはそっとつれあいの耳を舐めた。

「いや、丁度今目が覚めてしまったんだ。起こしてしまってすまない」


「そう?ならいいけど。何か悩み事があれば私に話すのよ」
 そういい、ゾイシアペルトは寝返りを打って再び眠りについた。



  _____嗚呼、普通の悩み事のようにすんなりつれあいに相談出来ればどんなに良いか。

だが、こればかりは、幼い頃から常に一緒にいてどんな困難も共に乗り越えてきたつれあいでさえにも話すことは出来ない。

あの三匹を除いては。



グレイシャルスターは迷いを振り払うかのように頭を振った。

そして、重ねた前足の上に顎を乗せる。





  ______忘れろ、忘れるんだ。今日の昼に見たことは。




そう自分に言い聞かせ、瞼をぎゅっと閉じ眠りにつこうとする。


しかしやはり、どんなに奥にしまおうと、彼の心の中にあの光景が湧き上がってきてしまうのだ。





  ______命名式のあの瞬間、晴れ舞台に立つ三匹を遠くから見つめるあの漆黒の姿を___。
フォーニィラーク
フォーニィラーク
見習い
見習い

投稿数 : 19
Join date : 2017/11/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by フォーニィラーク on Tue Feb 05, 2019 5:46 pm

第4章







「メドウポー、これは何の症状効くんだったかな?」

「ええと…フキタンポポは…咳とかに効くんでしたっけ。ホワイトコフなどの」

シングルレインは頷いた。

「そうだ。これから先ホワイトコフやグリーンコフが流行り出す時期だからこいつは必需品になるだろう。最も、イヌハッカが絶大な効果を発揮するがね」

そう言って看護猫は鼻面でフキタンポポの束をメドウポーの前に押しやった。

「萎れて使えそうにないものを選別してくれ。見分け方に関しては大丈夫だろう?お前は仕事を丁寧にこなすからな」

「はい!ありがとうございます」

メドウポーは、指導者から褒められた嬉しさに体を火照らせながらいそいそと作業に取り掛かった。

シングルレインの弟子になってからひと月余りが経とうとしていたが、メドウポーは薬草の種類も効能もほぼ覚え、指導者からもこんなに飲み込みの速い猫は初めてだと言われるくらいめきめきと知識をつけていった。

 兄妹のふたりと違って1人前になるには少し時間がかかるが、それでも自分が一生一族の役に立つことが出来るのだと考えると、大して気落ちすることは無かった。



「なんだか空き地が騒がしくないかね?聞こえるかメドウポー?」


シングルレインが耳をそば立てた。


 メドウポーもフキタンポポの選別を中止し、空き地の方へ耳を向ける。

 戦士たちの慌てたような声とどたばたとした足音が聞こえる。


「確かに。何かあったのでしょうか?」


とその時、看護部屋に1匹の戦士が飛び込んできた。


「シングルレイン!大変!ローレルポーが…!」

 やってきたのはスワンウィングだった。
荒く息を吐いており、その琥珀色の目は恐怖で見開かれている。


「ローレルポー!?あいつがどうかしたんですか?」


妹の名を耳にした途端、メドウポーは白い戦士の元に駆けて行った。


「ああ…今キャンプに運び込まれてきたんだけれど、キツネに襲われて怪我をしたみたいなの。歩けないくらいの重症みたい…」


メドウポーは息をするのも忘れて呆然と立ち尽くした。



キツネ…?



 妹が、キツネに襲われた…?



「なんだと!?キツネがおれたちの縄張りにいたなんて…。まあそれは後でで解決させれば良い。メドウポー!」


メドウポーはほとんど上の空だった。

なんの音も耳に入ってこない。妹が死んでしまったらと考えただけでもう体が固まって動かなくなりそうだった。


「メドウポー!」



指導者の大声にはっと我に返る。



「いいか?絶対にローレルポーを救うんだ。お前の気持ちは分かるが動揺でまともな判断が出来なくなったら元も子もない。落ち着いて、おれの言う薬草を素早く取ってきてくれ」

メドウポーは頷いた。


そうだ、看護猫はいつだって気丈でいなければ。

最初に教えられたことじゃないか。


「どれを取ってくればいいでしょうか?」


「奥にオークの葉の蓄えがあったはずだ。それから、マリーゴールドと___」


メドウポーは言われた薬草を全て取り違えることなく持ってきた。

シングルレインは、薬草の束を咥えて先に空き地へと走っていった。

メドウポーも後に続く。


「ローレルポー!」


妹は空き地の端でぐったりと横たわっていた。
脇腹に大きな傷があり、どす黒い血で染まっている。

鋭利な歯を持つ血に飢えたキツネが、妹の柔らかい肉を引き裂く様子が脳裏を横切る___。


メドウポーは思わず身震いした。


傍らでは、 ローレルポーの指導者であるヴェスパーブレイズが、蜘蛛の巣で弟子の傷口を抑えていた。


「ヴェスパーブレイズ、ありがとう。その処置をしてくれただけでも助かったよ。後は俺たちに任せてくれ」

「シングルレイン、この子は死んじゃうの…?」

「いいや、そんなことはさせない。さあ、場所をあけてくれ 」

ヴェスパーブレイズは不安げな顔をしていたが、頷いて1歩下がった。


シングルレインが手当をしている間にメドウポーは、マリーゴールドの葉を噛んでいた。

自分のすべきことは分かっている。大丈夫だ。


レイヴンポーが騒ぎに気づいて走ってきた。


「どうしたんだ?ローレルポー?」


兄は、看護猫に治療されている妹の姿を見て、ぎょっと目を見開いた。


「うわっ酷い傷じゃないか!一体何が?」


「キツネに襲われたの」

スワンウィングが言う。

兄の目に怒りの炎が燃え上がり出した。
琥珀色の瞳がその炎によってぎらついている。


暫くその場に立っていたが、
「僕がそいつをやっつけに行ってやる」

そう呟くと、きびすを返してキャンプの出入口へ駆け出して行った。


「待て、レイヴンポー!馬鹿なことはよせ!」


メドウポーは作り終えた塗り薬をシングルレインに手渡すと叫んだ。


「兄さんも怪我するぞ!」

「私が追いかける!」

スワンウィングがそう言ってあとを追った。


「ファロウフロスト!バージャーリーヴズ!一緒に来て!」


ヴェスパーブレイズが仲間を呼び、駆け出して行った。


キツネはまだ縄張り内にいる可能性が高い。

一刻も早く、次の犠牲者が出ない内に追い出さなくては。



「他にすべきことはありますか?」


「看護部屋に戻ってローレルポーの寝床を作って置いてくれ」

指導者は振り向きもせずに言った。

ローレルポーの息はまだ速く、そして浅い。

メドウポーは黙って言われた通りに看護部屋へと向かっていった。


スター族様、どうか、まだこの若い見習いを迎えに来ないでください。


















「気分はどうだ?」

「大丈夫よ。ちょっと喉が渇いただけ」

「じゃあ飲み水を持ってくるよ、待ってな」


メドウポーが苔を咥えて看護部屋の奥に向かって行った。

戻って来ると、水を含ませた苔をローレルポーに渡す。

「ありがとうメドウポー」

妹は感謝を込めて耳を動かした。



シングルレインが手当を終え、寝床に運ばれたローレルポーはずっと眠っていたが、レイヴンポーが帰ってくる頃には目をさまし、様態も落ち着いてきた。
レイヴンポーたちの一行は、サニングロックス付近でキツネを発見し、皆で協力して無事に怪我人を出すことなく縄張りの外へ追い出すことが出来たのだった。


「キツネ、どのくらい大きかった?」

「もう凄かったよ。目付きが悪くて、歯が鋭いのなんのって!」

そうこうやり取りをしている時、ローレルポーは水を飲み終え、深く考えるような目をしてじっと黙っていた。

「ローレルポー?どうかしたのか」

ローレルポーは間を開けてゆっくり言った。
「____ねえ、あたしって頭おかしい猫?」


「は?」


あまりにも唐突に言われ、二匹揃って素っ頓狂な声を出してしまった。


「頭おかしいって…お前が?」

「まさか、何言ってるんだよ」



だが、ローレルポーは頷かずにこう続けた。


「そう…じゃあ、あれはただの想像とか夢とかじゃないのかも…」

「何が言いたいんだ?」

レイヴンポーが身を乗り出す。


「あたし、眠っている間にスター族と会ったの」


「えっ?」


妹は息を大きく吸って続けた。



「先祖の戦士たちが、ずらっと並んであたしを見ていたわ。怖くて、スター族の仲間入りしちゃうんですか?って聞いたの。そしたら、灰色の雌猫が『あなたがスター族の仲間入りをしてしまったら、影に打ち勝つ三匹が欠けてしまう。さあ、早く向こうに戻りなさい』って…」


レイヴンポーとメドウポーは顔を見合わせた。


「影に打ち勝つ三匹って、あたしたちのこと?ねえ、これってただの夢よね?」
フォーニィラーク
フォーニィラーク
見習い
見習い

投稿数 : 19
Join date : 2017/11/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by ドリームハート on Sun Mar 03, 2019 1:36 pm

族長の夢に烏が出てきたり、漆黒の姿が見えたり、ローレルポーが眠っている間にスター族と会ったり、本家の話をアレンジしているところが面白いです!
メドウポーとシングルレインのコンビは憧れです。

「フェイディングシェイプ、奴が蘇る」とは、死んだ猫が現れるということですか?

続きが楽しみです。頑張ってください!

ドリームハート
見習い
見習い

投稿数 : 14
Join date : 2018/02/10
所在地 : ずっと、夢の中。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

The SHADOW and LIGHT Empty Re: The SHADOW and LIGHT

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可