七つの封印 ―The seven criminl―

新しいトピックを投稿   トピックに返信

Go down

七つの封印 ―The seven criminl―

投稿 by コンビクトチェーン on Sat May 30, 2015 12:59 pm

お久しぶりです! 名前を変えましたが、あえて書かないでおきます。 ・・・っまー、文才は相変わらずナッシングなので、一目で分かるかもしれません。
新しくなっていてびっくりです。不慣れなところもありますが、よろしくおねがいしますー。



コンビクトチェーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

Re: 七つの封印 ―The seven criminl―

投稿 by コンビクトチェーン on Sat May 30, 2015 2:37 pm

―登場猫紹介―

  ☆スロウス:Sloth(怠惰)  雄
 ・けだるげな黄色の目と、漆黒に輝く毛並みを持つ。
  目が大きく、中性的な顔立ちをしていて、よく雌に間違われる。
 ・極度なまでに面倒くさがり。
  眠りを妨げる日光が大嫌い。

  グリード:Greed(強欲)  雄
 ・活発そうにくるくる動く紺色の目と、炎のようにムラのあるオレンジの毛並みを持つ。
 ・力を追い求め、異常な執着心を見せる。
 ・だいぶ頭が弱い。

  ラース:Wrath(憤怒)  雌
 ・落ち着いた黒色の目と、淡いクリーム色の毛並みを持つ。
 ・すぐに怒るが、それも愛?
 ・スロウスが自分より女子力高めなのを気にして、妙な敵対心を燃やす。

  プライド:pride(傲慢)  雄
 ・群青の目に青灰色の毛並みを持つ。
 ・冷徹で自分勝手な反面、仲間思いで情が厚い。

  ラスト:lust(色欲)  雌
 ・怪しげに光る薄紫色の目と、艶めかしいこげ茶の毛並みを持つ。
 ・恋に溺れ、恋に生きる雌猫

  エンヴィー:envy(嫉妬)  雌
 ・まっすぐな緑色の目と、白の巻き毛を持つ。
 ・おどおどしているが頑固で、時にまっすぐと意見を出してくる。

  グラタニィ:gluttony(暴食)  雄
 ・血のように真っ赤な目と、濃いショウガ色のボサボサした毛並みを持つ。
  大柄で八重歯。
 ・怒らせると手に負えないが、普段は気さくなおしゃべり好き。
  どこから仕入れてくるのか、かなりの情報を持ってくる。


序盤は上の三匹が出てきます。
後半になって残りの四匹が顔を出します。
下四つの大罪が好きな方、すみませんです。

コンビクトチェーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

Re: 七つの封印 ―The seven criminl―

投稿 by コンビクトチェーン on Sat May 30, 2015 3:03 pm

―プロローグ―



スロウト?

・・・・・・ああ、あの堕落野郎のことかい。

あいつぁ、ただの偽善者だね。 そう、偽善者さぁ。 自分の悪いトコロ、ぜえんぶ覆って隠して、ね? 

そうやって自らを偽って生きてる、いわば神への冒涜者さ。

なんだい、兄さん、そいつのこと調べてんのかい。

そりゃあまた・・・・・面倒な事やってんねぇ、あんた。

「何故」ってぇ・・・・。 あいつ、すぐどっかにいっちゃうだろう?

旅してるつもりなのかねぇ、お日さんを嫌ってさ、夜の間に移動しちまう。 そいで昼間はどっかに籠って眠ってな。 次の日の夜に、ちょいと獲物を狩って食べて、またどっかに行っちまうのさぁ。

今・・・・今は・・・・風の噂によれば、北の山の洞窟にいるとか・・・・。

まあ、そこは俺も知らねえや。 朝に聞いた事だから、まだいるかもしんねえけどよ。

・・・・お? 兄さん、どこ行くや。

北の洞窟? いやいや、それは分かってるよ。 〈怠惰〉の奴に会いに行くんだろ。

えーっと、ひぃ、ふぅ、みぃ・・・・三つも教えてあげただろう、あいつについて。

とぼけてるんじゃねえよ、兄さん。 情報ひとつ、ネズミ一匹だ。 

何言ってるんだ、〈強欲〉の兄貴と比べちゃあ、安いもんだぜ。

・・・・。

あんまり俺を怒らせるな、兄さんよぉ・・・・。

ちょーっとおふざけがすぎると・・・・


・・・兄さんの腕、食っちまうかもしれねぇ・・・・なぁ?

コンビクトチェーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

Re: 七つの封印 ―The seven criminl―

投稿 by コンビクトチェーン on Sun May 31, 2015 3:44 pm

第一章  +1



森のはずれで、猫が一匹意識不明の重体になったらしい。

その噂は僅かの間に森中を駆け回った。

もちろん、森に密接する『北の山』にも・・・・・。


「まったく、物騒な世の中になったもんだね」


噂を聞いた黒猫は、嘆くようにつぶやいた。

ひんやりする洞窟の床から無理やり体を引きはがしながら。


「物騒で恐ろしくて・・・・・・そして面倒だ。こうなったら逃げるしかないよね」


黒猫は丸く整った黄色い目を瞬かせる。

その瞳孔は物騒とも恐ろしいとも思っているようには見えず、つぶやいた言葉の大半は嘘であることを示している。

ただ―――――とてもけだるそうだった。


彼の名はスロウス。

本名は別にあるが、それを名乗ると自由に動きづらくなるし、なにより長ったらしいから言うのが面倒くさいので、昔つけられたあだ名を名前にしている。

漆黒のなめらかな長毛と、満月のような黄色い目を持ち、その姿は闇夜にもたとえられる。

スロウスはそんな黒い足を引きずり、洞窟を出た。

コンビクトチェーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

Re: 七つの封印 ―The seven criminl―

投稿 by コンビクトチェーン on Sun May 31, 2015 3:56 pm

第一章 +2



「兄さん、なーんももってないんだねぇ。情報料が払えないなら、腕の一本や二本・・・・三本くらい失っても、なーんも文句言えないよねぇ」


真っ赤な目をした雄の猫だった。

嬉しそうに舌を巻く口からのぞく歯は、全部が牙みたいにとんがっている。 

ちなみに僕の腕は三本もない。 そんな簡単な事もわからないなんて・・・・・異国の猫なのかな? 八重歯だし。 目、赤いし。

外国のひととの交流は大事である。 だから俺は聞いてみた。


「・・・・君、どこ出身?」

「あ゛?」


どうやら言葉も通じないらしい。 

俺はがんばって『えいご』というものを使ってみる。


「えーっと、うぇああーゆーふろむ?」

「・・・・・・あ゛?」


『えいご』を使う国じゃないのか・・・・・。

言葉の壁が立ちはだかり、俺と八重歯猫との間に微妙な空気が広がる。

しばらくたって、八重歯猫のほうが口を開いた。


「・・・・アイム・・・・アイムフロム××」

「おー! 肝心の出身地が聞き取れね―けど、なんかすっげえ!」

「・・・・・・・」


異国間交流に感動すると、八重歯猫は押し黙った。

再び訪れる微妙な空気。 ・・・・何故だ!


「・・・・兄さん、変なやつだねぇ。 おもしろいから情報料はチャラにしてあげるよ。 情報の内容、理解してるかも怪しいし・・・・」

「あっれー? ガイジンさん、こっちの言葉喋れるじゃん! すっげー」

「いや、英語の流れになるまえからしゃべってたじゃん!」


そういえば・・・・しゃべってたな。

ということは俺にあわせてくれていたのだ。 良い奴だ、八重歯。


「・・・もういいや。じゃあね、兄さん。ジブンはもう行くよ」

「んー、じゃーな」


八重歯はどこか呆れたように背を向ける。 俺より大きな背中を目にして、俺ははたと思い立つ。

思い立ったらすぐ行動しなきゃ、俺は頭が悪いから、忘れてしまう。

俺は急いで八重歯に駆け寄り・・・・・・・


・・・・・そして、殴りかかった。


「うぁ・・・・!? ぐふおおお!!」

「・・・・ごめん、八重歯さん。 俺、頭で人をおぼえらんねーからさ・・・・・「血をあびて」憶えるんだ。 ごめんな、ごめんな・・・・」


馬乗りになったおれは、下にいる猫を押さえつける。

真っ赤な目は恐怖よりも驚きに染まっていて、俺が足に噛みつくと、驚きは怒りに変わった。

唸りの声が聞こえる。

恨みの声が聞こえる。

それでいい。

それがいい。

それが・・・・・俺の強さとなる。


「ああ、また忘れてたけど・・・・俺、〈強欲〉なんだ。 俺に「じょうほうりょう」の高低はわかんねーけど・・・・まあ確かに、俺はネズミなんて安いもんはほしくない」


口の中に血があふれる。

何度も味わった他人の血。 

八重歯よりもずっとずっと鋭い俺の牙が肉を裂く。


「血・・・・・って要求するかなー・・・・」

コンビクトチェーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

Re: 七つの封印 ―The seven criminl―

投稿 by コンビクトチェーン on Sun May 31, 2015 4:06 pm

こんちわっす、コンビクトチェーンです。

登場猫紹介の時に、傲慢と色欲と嫉妬と暴食は前半は出ないとか、怠惰と強欲と憤怒が割と主人公位置とか言ってましたコンビクトチェーンです。

はい、暴食出ちゃってますねー。 憤怒が出ませんねー。 すみません・・・・。

こういうことがよくあるので、御了承いただければなって。

極力無いように努力しますが、見かけたら「あ、またやってるよ。バッカでー」とおもってくださいませ。

すみませんでした。

コンビクトチェーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

Re: 七つの封印 ―The seven criminl―

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: