猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

Page 1 of 2 1, 2  Next

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down

期間限定投票【~7/18】 どちらの形式が好ましいですか?

33% 33% 
[ 2 ]
67% 67% 
[ 4 ]
 
投票数 : 6

猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:48 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆


猫寮生活Ⅰ “ 月の石 ” 

CATS' DORMITORIES
AND THE
MOONSTONE




まえがき





この小説は、『ウォーリアーズ』と『ハリー・ポッター』を融合したなりきりトピック、『猫寮生活』を元にしたものです。

キャラクターや設定は『ウォーリアーズ』の1・2期を、
物語のあらすじや世界観は『ハリー・ポッター』の全7巻を、かなり色濃く反映しているため、ネタバレを多分に含みます。
まだお読みになられていない方は、まずその両原作を読んでからこちらをご覧になっていただくことを強くお勧めいたします。

なお、物語のメインキャラクターたちがすべて元のなりきりトピックに登場するほかのユーザーさんのものであることも含め、
作中、あるいは作品に関連することは、すべてライトニングキットの責任です。

『猫寮生活』トピック関係者の皆様、そしてウィンタージュールさんに、心から感謝を捧げます。





★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆



;サンダー寮生編  ;ウィンド寮生・リヴァー寮生編  ;シャドウ寮生編



★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆


最終編集者 LK@相方様を選定式にて募集中! [ Thu Mar 10, 2016 10:38 am ], 編集回数 15 回 (Reason for editing : 追記)
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:48 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆



目次



 1頁 ……………………………………… まえがき

                  目次・登場猫紹介


                  序章   7年前 
Seven Years Ago   ⇦ ここまで更新終了!

                  第 1 章 招待状 The Invitation

                  第 2 章 きらめく門 The Glittering Gate

                  第 3 章 侯爵令嬢 La Marchesina

                  第 4 章 めくるめく世界 El Mundo Alucinante

                  第 5 章 委員会 The Committee

                  第 6 章 暗闇でドッキリ A Shot in the Dark

                  第 7 章 昔あるところに……… C'era Una Volta...

                  第 8 章 追憶 La Memoria

                  第 9 章 草の上の昼食 Le Dejeuner Sur L'herbe

                  第 10 章 誰かに見られてる Someone to Watch Over Me

                  第 11 章 クリスマスの夢 The Christmas Dream

                  第 12 章 影の暗殺者 L'attentat


 2頁 ……………………………………… 第 13 章 命取りの好奇心 Fatal Curiosity

                  第 14 章 音楽と月光 Music and Moonlight

                  第 15 章 秘密の花園 The Secret Garden

                  第 16 章 扉のかげで Dietro la Porta

                  第 17 章 聖なる森 The Sacred Wood

                  第 18 章 白昼の決闘 Duel in the Sun

                  第 19 章 青春の絆 Il Compagno

                  第 20 章 月の石 La Pietra Lunare

                  第 21 章 激突! Duel

                  第 22 章 聖域 Zona Sagrada

                  第 23 章 ドラキュラ Dracula

                  第 24 章 不屈の勇気 Fortitude

                  第 25 章 再び大自然のなかへ Into the Wild


                  あとがき

                  次回予告



 3頁以降 ………………………………… 更新告知・感想頁



登場猫紹介





Thunder Dormitory students


シープ・ブレイズ

 Sheep Blaze
 Come from ; Sincere Clan, Southeast State, Central Bloc


 藍色の瞳を持つ、大きな茶色い三毛の雄猫。
 誠実で心温かな優等生であり、同寮生の仲間たちを引っ張っていく、やや硬派な頼もしいリーダー。得意科目は『戦闘学』。



A.B.・クラック

 Asteroid Belt Crack
 Come from ; Cosmic Clan, Northward State, Internal Bloc


 『宇宙色』の瞳を持つ、白いラインのある黒い雄猫。
 明るく破天荒な悪戯の大天才。仲間のひとりひとりをさりげなく優しく支える、自称「2.5枚目」。得意科目は『戦士学』。



ウォーター・フラクチュエイションズ

 Water Fluctuations
 Come from ; The Tribe of Arising Phenomenon, Eastward State, External Bloc


 透き通った水色の瞳を持つ、淡い灰色の雌猫。
 物腰の優しい、おとなしく冷静な努力家。仲間たちを我知らず癒している、愛すべき人見知り。得意科目は『部族史学』。



アリア・クラリッサ

 Aria Clarissa
 Come from ; Clarissa Famiglia, Northeast State, Internal Bloc


 水色の瞳を持つ、白銀の美しい雌猫。
 ≪光の貴族≫のしとやかな令嬢。学園、そして仲間たちから敬愛されている、悩めるマドンナ。得意科目は『科学』。



ウィル・カイト

 Will Kite
  Come from ; Raptorial Village, Southeast State, Internal Bloc


 淡い緑色の瞳を持つ、白い雄猫。
 フレンドリーだが女の子に弱い、穏やかな医者志望。相棒のシープを陰日向となり支えている。得意科目は『薬草学』。



River Dormitory Students


オーシャン・コンクルージョン
ミストラル・ロワ
ネプチューン・ラブグッド


A.B.とよく遊んでいる、和気あいあいとした同期のリヴァー寮生たち。それぞれ『科学』『狩猟学』『戦士学』が得意。



Wind Dormitory Students


イーグレット・ファウンテン
ソフィ・アロー


フレイと仲良しの、内気でおとなしい同期のウィンド寮生たち。それぞれ『薬草学』『狩猟学』が得意。



Shadow Dormitory Students


エル・D
ドミノ・ブラック
ラグナロク・エッダ


シープたちとは疎遠な、個性派で個人主義的な同期のシャドウ寮生たち。それぞれ『科学』『戦闘学』『戦士学』が得意。





★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆


最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 2:04 pm ], 編集回数 4 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:51 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆







Seven Years Ago

7年前







 世界の中心にどっしりとそびえ立つ巨大な山塊、ビッグ・ベン峰は、はるかかなたに3つの兄弟山を構えている。


 北方には、世界の12大河の源泉があり、暗黒に閉ざされたこの世の果てと謳われる常冬の銀嶺、ヌルメンガード。

 南東には、星のような霜に覆われており、英雄伝説のなかでこの世とあの世の境と畏怖される峻嶺、キングズ・クロス。

 南西には、スター族を信仰する部族猫すべてにとっての聖地ハイストーンズを抱える霊峰、デヴィルズ・フィンガーズ。


 ありとあらゆる部族が存在するこの世界は、世界の中心たるビッグ・ベン峰と、その三方の兄弟山たちによって守られてきた。

 だがしかし、ありとあらゆる部族が存在するこの世界は、世界の中心たるビッグ・ベン峰と、その三方の兄弟山たちによって、また

滅ぼされかけてもきたのだ。



 ───世界の中心たる名峰、ビッグ・ベン。


 実はその険しい山麓に、はるか三方の兄弟山の峰の切っ先にも及ばないほど小さいが荘厳な構えをしている、石造りの深遠な古城が

ひっそりとたたずんでいる。


 そこに棲まう者たちからホグワーツ城と呼ばれ、愛されている、全世界の部族猫たちのための学び舎たる幽玄の孤城。



 ───あまねく物語は、すべてここから始まったのだ。





 ★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆





 戦火がうなりをあげて渦巻いている。


 戦いあう獣たちで埋め尽くされた戦場のそこここに、骨肉そして血が飛び散り、辺りは阿鼻叫喚の地獄絵図だ。


 このとき───史上最大の物語が始まるきっかけとなった、7年前の『幻影戦争』のとき───、幽玄の学び舎、ホグワーツ城は、

見るもおぞましい血染めの城と化していた。


 教授だけでなく学徒も全員が駆り出され、部族猫たちは今、自分たちそれぞれの一族のためでなく、愛すべき学び舎のために一体と

なって戦っているのだ。


 だれと?


 ───『闇喰らい』、そして『ブラッドウォーカー』………この戦争を引き起こした、ふたつの巨悪の連合軍とだ。





 「タイガースターとスカージを探せ!



 今、敵の胸を引き裂いて離した鮮やかな炎色の雄猫が、仲間に向かって叫び、自身もエメラルド色の瞳をめらめらと燃やしながら、

戦場を見渡した。


 そこはホグワーツ城の───校舎の───正面にある広大な校庭だったが、雄猫がこれほど戦士猫に埋め尽くされた校庭を見たのは

初めてのことだ。


 しかも戦場はここだけではない。城のなかのあらゆる階、あらゆる廊下、あらゆる部屋でも猫たちが戦っている。



 「ファイヤハート!」


 一匹の大きな灰色の猫が、敵を4メートルも殴り飛ばしてから駆け寄ってきた。

 「圧倒的に戦士が足りない! 部族連合軍も、光の陣営もだ! ウォーター夫妻はどこにいる?」


 「北の、『禁じられた森』の前の門を守っています!」

 「R.D.は?」

 「ダイアー先輩の要請で、コンクルージョン先輩たちのいる4階の応援に!」

 「ジュピター・ラブグッドは?」

 「負傷したアロー先輩をカイト先輩のところへ連れていきました!」


 灰色の戦士の薄青色の瞳に怒りが燃えあがった。

 「くそっ………どいつもこいつも、ここには援軍に来られないというのか!?」



 ファイヤハートは口を開きかけたが、そのとき、3匹の『闇喰らい』が目の前でひとりの教授に殴りかかったのを見た。

 ほとんど無意識のまま、灰色の雄猫と同時に完璧なタイミングでかれらに真後ろから飛びかかり、3匹まとめて吹っ飛ばす。


 あわてて体勢を立て直した敵の兵士たちは、2匹の鬼のように怒り狂った形相を見るや悲鳴をあげて逃げていき、助けられた教授、

トールスターは、2匹にさっと感謝のまなざしを向けたが、ひるむことなく再び戦渦の真っ只中に飛びこんでいった。



 ファイヤハートは額の傷から流れ出る血を拭いながら、灰色の戦士にさっと向き直った。


 「クラリッサ先輩、ブレイズ先輩が星団連盟の部族連合軍を引き連れてきてくれれば、戦力は拮抗します。

  それでもこの戦いは、長引けば長引くほど、僕たちの陣営にとって圧倒的に不利になる───

  形勢の逆転ではなく、タイガースターとスカージの捕縛を最優先にしなくては!」


 「わかっている!」

 クラリッサは忌々しそうに口のなかの血を吐き捨てた。

 「それに引っ捕らえるのは、あの裏切り者たち───レイヴン・Aとシャロウ・リリーもだ!」



 クラリッサは叫ぶなり、背後を駆け抜けようとした『ブラッドウォーカー』を物凄い勢いで振り返って斬りつけた。

 兵士は狂乱し、わめき散らしながら逃げていく。


 自分も敵の兵力を殺がねばと、傷だらけの体に力を込め直した瞬間、突然ファイヤハートの耳に、ごうごうとうなる戦乱の音を突き

破って悲痛な絶叫が聞こえてきた。


 「いやだ! シルヴァーストリーム!



 背筋を氷のように冷たいものが走り抜け、ファイヤハートは反射的に振り返った。

 それは戦場のはるか向こう、ホワイトストーム授が裏切り者のダークストライプと取っ組み合っているその向こうだ。


 濃い灰色の雄猫が後ろ足で立ち上がり、絶望の表情で天をあおいでいた。

 雄猫の足元に広がる真っ赤な血だまりには、銀色の猫の体がぐったりと横たわっている。

 雄猫の悲しげな叫び声が再び空をつんざいた。


 「シルヴァーストリーム!



 ファイヤハートは衝撃に打ちのめされ、まさかという思いで、親友とその足元の雌猫をぼうっと見つめた。

 この戦いで、グレーストライプが自分を盾にしてまで、命を懸けてまで愛していたシルヴァーストリームが………死んだ?


 「嘆くのはあとにしろ!」

 クラリッサのうなり声に、ファイヤハートははっと我に返った。


 「今もだれかが殺されかけているんだ!」



 そのとき、地の底から響くような物凄いうなり声が戦場に轟き渡り、ファイヤハートとクラリッサはさっとそちらを振り向いた。

 完全に打ち砕かれた塀の瓦礫の山の上に、血のような夕日を背にして、ついにあの偉大なる宿敵、タイガースターが現れたのだ。


 「出たな、悪魔に魂を売り渡した化け物め」

 クラリッサがぐっと目を細め、かぎ爪を全開にした。



 タイガースターはあの巨大な頭を揺らす独特のしぐさで戦場を見渡しながら、琥珀色の瞳に狂喜の輝きすら浮かべていた。

 数十メートルも離れた場所にいるファイヤハートにも、偉大なるとら猫から放たれる邪悪なオーラが、ビシビシと伝わってくる。


 タイガースターが頭を揺らしながら琥珀色のにらみをぐるりとめぐらせたとき、ファイヤハートはおぞましい光景に出くわした。

 タイガースターの周囲にいた猫が、敵味方問わず彼の恐ろしい威圧感に当てられ、恐怖の叫び声をあげながら失神しはじめたのだ。


 ───クラリッサの言うとおり、タイガースターは今や、本物の化け物と化している………!



 だが、とファイヤハートは再び自身に喝を入れ、武者震いした。

 この戦いは負けられない。負けられるはずがない。


 ファイヤハートがこの学生時代に、何度も何度も、その残虐な本性を暴こうと挑んできた裏切り者の元教授。

 その残忍きわまりない悪行は数え上げればきりがない。


 レッドテイル教授も、看護教諭のスポッティドリーフも暗殺され、ファイヤハートの同級生だったレイヴンポーも危うくその一匹に

なるところだった。


 この戦いでは恩師だったライオンハート教授が殺され、そして親友の最愛の猫シルヴァーストリームも、もう二度と帰ってこない。


 かれらは、タイガースターの邪悪な野心───ホグワーツ城を制圧して根城にし、部族世界を支配するという荒唐無稽な夢───の

ために、犠牲になった猫たちなのだ。


 この極悪戦士はそれどころか、学校を追放されたクローフェイスやブロークンスター元教授とも協力し、ついには今、全部族の大敵

である犯罪王スカージとも手を組んでいる。


 部族猫が暮らす全世界を、恐怖のどん底に陥れたタイガースター。

 自ら闇の帝王を名乗り、数多の猫たちの命を踏みにじってきた狂気の暴君。


 こいつだけは許さない。絶対に許してなるものか!



 「タイガースター、僕を見ろ!」



 ファイヤハートはそばのひさしのような岩の上に飛び乗るや、堂々と頭を高く掲げ、澄んだ声で呼びかけた。


 周りを威圧してなぎ倒していたタイガースターの琥珀色の目がさっとこちらを向いた。

 それを因縁の相手ファイヤハートだとみとめた瞬間、偉大なるとら猫ののどから、雷鳴のような凄みのあるうなり声があがる。


 「いたな、飼い猫。言ったはずだ───俺に見つかったら最後、貴様の命はないものと思えと!

  ずっとこのときを楽しみにしていた………貴様の憎らしい顔をずたずたに切り刻んでやるこのときを!」



 「黙れ! おまえという猫を終わらせてやる。おまえに人生を狂わされた猫全員の仇を必ず果たす!」


 ファイヤハートも激しく応じ、剥き出した爪に万感の怒りと憎しみを込めた。

 そうだ、終わらせてやるんだ。タイガースターが引き起こしたすべての災禍を、この戦争に勝利することで終わらせるんだ!


 対決するふたりを見て、それぞれの戦士や兵士たちさえ、今は自分たちの大将のそばに寄って向き合い、互いに威嚇しあっている。


 クラリッサが部族連合軍と光の陣営の仲間たちの先頭に立ち、その頭上の岩から、ファイヤハートはときの声を轟かせた。



 「かかれ、不死鳥の戦士団!





 ★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆





 ───そして次の一夜が明けたとき、古くは3年前から始まっていた壮絶な戦いは、ついに終局を迎える。



 両軍とも500を下らない命を散らしてまで戦った、この凄惨な大戦争………最終的に勝ったのは、ホグワーツ城の陣営だった。


 『闇喰らい』の頭領であった悪の権化タイガースターは、やはり宿命の英雄ファイヤハートが封じた。


 クラリッサは、かつての親友、そして今や宿敵となったレイヴン・Aと相討ちになり、今は重傷の体を名医のファルコン・カイトに

診てもらいながら休めている。


 これもまたかつての学友を裏切り、ずっとホグワーツ陣営をスパイしていたシャロウ・リリーは、戦況を読み誤った失態のために、

夫とともに自分のボスに始末され、悪の道に堕ちた一生を終えた。


 ───ではその、『ブラッドウォーカー』のボス、スカージを討ち取ったのは?





 割れた大窓から、まるで昨日流された血で濡れたかのように赤い、巨大な満月がのぞいている。

 夜風はもはや戦乱の音を運ばない。

 タイガースターとスカージが破られ、長かった戦いがついに終戦した今、傷ついた戦士たちはホグワーツ城に抱かれて、ただただ、

休んでいるところだ。



 しかし、破壊し尽くされた学長室に足を踏み入れたブルースター教授は、その生々しい戦いの痕を見た瞬間、まだ戦いは続いていた

のかと錯覚せずにはいられなかった。


 床は一面真っ赤な血の海。

 壁という壁には、焼け焦げたあとや、赤黒くべとべとしたなにかの───元を想像することすら恐ろしい───破片の残滓がついて

いる。


 そして部屋のいちばん奥、黒いエボニー材の机の向こうにあるビロード張りの椅子の上には、このホグワーツ城の学長であり、だれ

よりも激しい戦いを強いられた最強の戦士、ラギッドスターが、瞳に嘆きの色を浮かべて重い体を沈めていた。



 「君か……ブルースター…………」

 ラギッドスターは弱々しく微笑んだ。


 「済まない………教頭に任命したその年に、こんな試練を迎えさせてしまって」


                         ・・・
 「戦争は学長のせいではありません。愚かなタイガークローとスカージのせいです!」


 ブルースター教授はきっぱり言い、血の海のなかを波を立てながら歩み寄ったが、学長のかぎ爪がすべて折れているのを見た瞬間、

はっと息をのんで立ち尽くした。


 「学長! ま………まさか、あれを?



 「そのとおり。やむを得ず解禁した。スカージも1つ持っていたのでな………もっとも、わしのを狙ってここへ来たようだが。

  そしてわしは今、スカージを破るためにあれの封印を破ったことで、充分な罰を受けておる。

  どうやらあまり酷使すると、後ろ足の小指をこの机に思いきりぶつけたときよりはるかに酷い痛みを後から心臓に伴うようだ」


 「あなたはなんということを………!」


 「それより、ミストラル・ストームの消息は掴めたのかね? 現代の星姫がだれかを知れば、彼は間違いなく動いたはずだが」


 「………いいえ。雲隠れしたままです。

  ただ、ミストラルはあの恐ろしい研究でひとつだけ良いものを残してくれました───

  死んだシルヴァーストリームの子どもたちを救う方法が見つかったんです」


 「クルキッドスター教授はご令嬢をたいそう愛しておられたからな………孫たちが生きるよすがになることを心から願うよ」


 「ですが、探している学生や卒業生で行方が知れないのは彼だけではありません。

  フェアリーについては、北海付近で一度目撃情報があっただけ。アルカトラズに向かったのかもしれません。

  カイト、ウォーター夫妻、アローにはすでにそのことを知らせてあります。

  またドラドについても、なにか情報を得られるかと思ったのですが、ラグナロクが見つからないゆえ………」


 「彼女は北西圏のリジャ族へわしが逃がした」


 「リジャ? 辺境の? あなたが逃がした………?」


 「彼女にはこの大戦争への参戦より、どこかふさわしい隠れ家で、自身の考古学を極めてもらうことを望んだのだ。

  彼女の今取り組んでいる研究は、この戦争が明けた後の未来にとって重要だった───だから特別に先に卒業させていた。

  だが彼女はドラドについて口を割るまい。

  クラックにさえ自分の真実を明かさずにいた彼女のことを、あの子はだれよりよく理解している」


 「ドラドを理解していたですって? なら、彼女のことも連邦捜査局に………!」


 「ならぬ! 言ったはずだ、彼女がリジャの住まいで密かに行う研究が、やがて我々の命を救うと!

  連邦政府もあそこの愚かな大統領も、我々の動きを快く思っていないのだ。決してノルンを邪魔させてはならぬ。

  すでにブレイズとラブグッドが充分尽力してくれている………政府とこれ以上交わるのはあまりに大きな危険となろうぞ」


 「こんな状況でも、あなたは政府との協力を危ぶむというのですか?」


 「内定したクラックやクラリッサやコンクルージョンのことは、まさか微塵も疑っておらんよ。

  だが現に、ブラックは立場を十二分に利用した上で今回の戦争で敵対してきた。ファウンテンもそうだったろう?

  あそこはこの大部族世界のしがらみのるつぼなのだ。深入りすればあまりに多くのものを失う。

  我々HCSは───ホグワーツ・クラン・スクールは───決してそれに呑みこまれてはならぬ。

  学術組織であるために、独立した一学府としての強さと尊厳を保たねばならぬ」



 ラギッドスターは声を震わせ、深い深いため息をついた。

 その目はどこか遠く、はるかな過去かはるかな未来に投げかけられているようだ。



 「………それに、今度の戦争では多くの命が失われた」

 ラギッドスターは憂える声でつぶやいた。

 「HCSたるために、我々はこの戦いについて、次代の子らに語り伝えなければならぬな」


 「………第2のタイガースターやスカージを生まないために?」


 「第2? 第2だと? まさか、愚かな。

  ………タイガースターとスカージは滅んでおらんよ。まだ生きておる



 一瞬の間があった。恐ろしい沈黙だった。

 神なりに打たれたような衝撃を受けたブルースターは、青ざめた顔で、唇を震わせながらたずねた。


 「な………なんですって? かれらが、まだ、生きている………?」



 ───古くは3年前から、教授だったタイガースターの裏切りが学生のファイヤハートに暴かれた瞬間から始まった、この大戦争。

 数多の命を犠牲にしてでも戦うことを選んだのは、諸悪の根元であるタイガースターとスカージを討ち滅ぼすためだった。

 そして現に、戦場に2大巨悪の訃報が轟いたことで、ついに戦争は終結したのだ。


 それなのに、タイガースターもスカージも、まだ死んでいなかった………!?



 「スカージはこの学長室でわしと対決したとき、わしの必死の一撃を受ける前に自らの能力を暴発させて時空から消失した。

  タイガースターは確かにファイヤハートに打ち倒されたが、実はこの戦争の前にある護身呪術を自分にかけていたのだ。

  二匹は確かにそれぞれの場所で死にかけた。だが完全に死んではおらん。現に、最後に二匹の死体を確認した者がいないだろう?

  2匹は自分たちが負ける場合を想定して逃げ道を用意していた───

  それほど執念深く、我々HCSとこの部族世界を絶対に破壊すると決意しているのだ」


 「おっしゃる意味がわかりません! なら、膨大な数の戦士の命を失ってまで彼らを倒そうとしたこの戦争の意味は、いったいなん

  だったのです!?」


 「………序章だよ」


 ラギッドスターは沈んだ声で、しかしきっぱりと言った。



 「だから言ったのだ。HCSたるために、我々はこの戦いについて、次代の子らにすべてを語り継がねばならぬと。


  ブレイズの子、クラックの子、ウォーターの子………今回の大戦争で戦った学生たちの子らが、タイガースターやスカージと対決

  しなければならなくなる未来は、近く、間違いなく訪れる。


  だから我々HCSの教師は、そのきたるべき宿命の日のために、その子らを育てあげる義務をまっとうせねばならぬのだ」





 ───それは、誓いの言葉だった。


 若き英雄ファイヤハートと宿老の賢者ラギッドスターが、部族世界の2大巨悪タイガースターとスカージを破ったかに見えた戦争。

 それが実は序章に過ぎず、悪を滅ぼすための本当の戦いは未来で起こるのだということを、胸に刻むための言葉だった。



 ───かくて、史上最大の宿命の物語が、古城を舞台に幕を開ける。






 ★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆


最終編集者 ライトニングキット [ Sun Jul 19, 2015 10:07 pm ], 編集回数 8 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:51 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








The Invitation

招待状






最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Tue Jul 14, 2015 10:27 pm ], 編集回数 2 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:51 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








The Glittering Gate

きらめく門






最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Tue Jul 14, 2015 10:29 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:52 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








La Marchesina

侯爵令嬢






最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Tue Jul 14, 2015 10:31 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:52 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








El Mundo Alucinante

めくるめく世界







最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 1:49 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:53 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








The Committee

委員会







最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 1:50 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:53 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








A Shot in the Dark

暗闇でドッキリ







最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 1:51 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:53 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








C'era Una Volta...

昔あるところに………







最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 1:52 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:54 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








La Memoria

追憶








最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 1:58 pm ], 編集回数 3 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:54 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆








Le Dejeuner Sur L'herbe

草の上の昼食








最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 1:59 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:55 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆





10


Someone to Watch Over Me

誰かに見られてる








最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 2:02 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:55 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆





11


The Christmas Dream

クリスマスの夢










最終編集者 ライトニングキット [ Fri Jul 17, 2015 7:13 am ], 編集回数 3 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:55 pm

★…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆…………………………☆





12


L'attentat

影の暗殺者








最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Thu Jul 16, 2015 2:04 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:55 pm

第13章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:56 pm

第14章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:56 pm

第15章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:57 pm

第16章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:57 pm

第17章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:57 pm

第18章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:58 pm

第19章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:58 pm

第20章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:58 pm

第21章
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by L ͛k ͛ on Sun Jul 12, 2015 4:59 pm

第22章


最終編集者 ライトニングキット@猫寮復活を心待ちにしています [ Sun Jul 12, 2015 5:01 pm ], 編集回数 1 回
avatar
L ͛k ͛
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 187
Join date : 2015/05/15

ユーザーのプロフィールを表示 http://nekoryou-seikatsu.jimdo.com/

トップに戻る Go down

Re: 猫寮生活Ⅰ 『月の石』編

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

Page 1 of 2 1, 2  Next

前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可