WARRIORS BBS
Would you like to react to this message? Create an account in a few clicks or log in to continue.

忌み子はやがて伝説になる

Go down

忌み子はやがて伝説になる Empty 忌み子はやがて伝説になる

投稿 by シャイニングムーン Thu Jun 10, 2021 9:49 pm

やめて!私の子を返して!
 
こいつさえいなければ...!

部族は滅びる。夜明けを見ずに

シャイニングムーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

忌み子はやがて伝説になる Empty Re: 忌み子はやがて伝説になる

投稿 by シャイニングムーン Thu Jun 10, 2021 9:56 pm

雨がしとしと降っている。

排水溝に流れる水の音が冷たい路地に静かに響く。

どこかで吠える犬の声が聞こえる 
 
子猫の鳴く声が張り積めた空気を破る

この子は知らない

もう乳を与えてくれる存在はないことを

もうあたたかい存在はないことを

シャイニングムーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

忌み子はやがて伝説になる Empty Re: 忌み子はやがて伝説になる

投稿 by シャイニングムーン Fri Jun 11, 2021 4:27 pm

登場猫紹介①

ディンジーラット(薄汚いネズミ)主人公 薄汚れた黒い毛に赤い目の猫
エンペラー(皇帝)ボス猫 みんなから恐れられている
チキン(臆病者)ごみ捨て場の猫 みんなから臆病者といわれている
ボーン(骨)エンペラーの取り巻きの一人 みんなから恐れられている
ブラッド(血)エンペラーの取り巻きの一人 みんなから恐れられている
ミート(肉)エンペラーの取り巻きの一人 みんなから恐れられている

シャイニングムーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

忌み子はやがて伝説になる Empty Re: 忌み子はやがて伝説になる

投稿 by シャイニングムーン Fri Jun 11, 2021 8:18 pm

ああ、腹が減ったな......。腹の虫がなる音でディンジーラットは目を覚ました。今日もいつもと同じ夢を見た。緑豊かな森をかける夢だ。ディンジーラットは一度も森を見たことはないというのに。ディンジーラットはごみ捨て場で生まれた。気付いたらもうごみ捨て場にいてごみ捨て場の他の猫と同じようにエンペラーや、二本足を恐れながらごみを漁っていた。いつかはごみ捨て場の外にいってみたいが、ごみ捨て場の猫に他の居場所なんてない。それに、俺の黒い毛に赤い目なんて受け入れてもらえるわけがない。エンペラーに目をつけられないように気を付けながらひっそり生きていく他はないのだ。もうそろそろごみが捨てられるだろうから早くいかなくては。すぐに食べないとエンペラーに取られてしまう。前に食べ物がなくてネズミを食べたときはひどい目にあった。確かに、腐ったような臭いはしていたが食べられると思ったんだ。あまりに腹がいたくて眠れなかったからな。さぁ!ごみ捨て場にいくか!

シャイニングムーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

忌み子はやがて伝説になる Empty Re: 忌み子はやがて伝説になる

投稿 by シャイニングムーン Fri Jun 11, 2021 10:53 pm

ごみ捨て場につくともうすでに何匹かの猫がいた。お!こんなところに美味しそうな肉が!二本足には無理でも猫には食べる部分がたくさんある。引きずってゴミ箱のしたにいくとギリギリでエンペラーが現れた。ギリセーフ!エンペラーにはなぜか目をつけられている。せっかくの肉だ。エンペラーには渡せない。よし、エンペラーは向こうへいっている。肉にかぶりつこうとすると急に後ろから背中を尻尾で撫でられた。「よぉディンジーラット!皇帝様のご飯にかぶりつこうとするなんていい度胸だな!」ボーンだ。「エンペラーのじゃない!これは俺が取ったんだ!」「はぁ?立派な肉は皇帝様に献上する決まりじゃなかったか?」そんな決まりない!「皇帝様の言葉は法律だ。おとなしく肉を渡しな。」いつの間にか他の猫たちも集まってきていた。「嫌だね!だって俺が先だった!」「とっとと肉を渡せばいいんだよ!」そういうとボーンは激しく唸って飛びかかって来た。負けてたまるか!こっちも激しく唸る。耳の奥で血がごうごうなっているのが聞こえる。耳を裂かれたのがわかったが、痛みはなかった。相手の目を引っ掻くと、外したが、手応えは感じた。「おいボーン!ネズミ相手にてこずっているなぁ。本気で俺についてくるきがあるのか?」エンペラーだ!とにかく引っ掻いて引き裂いて噛みつく!
動けない!やめろ!急にエンペラーに頭を押さえつけられた。「エンペラー様すみませんでしたといえ。そうしたら今回は許してやる」「い...だ。」「何といった?よく聞こえなかったが?」「嫌だと言ったんだ!」「本気か?ならごみ捨て場からでてけ!」「こんなところ出ていってやる!もうごめんだ!」勢いに任せてごみ捨て場を飛び出したが、誰も道を阻むものはいなかった。俺は伝説になる!

シャイニングムーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

忌み子はやがて伝説になる Empty Re: 忌み子はやがて伝説になる

投稿 by シャイニングムーン Yesterday at 12:09 pm

路地を抜けると外には二本足が大量に行き交う世界があった。こんなに二本足が......そのとき後ろから「よう!」と声をかけられた。「チキン!」弱虫のチキンがどうして?「僕も一緒に連れていってくれない?飛び出して来ちゃったからもうエンペラーが怖くて戻れないからさ!僕チキンだから」えへへと笑ってそういったチキンの顔は輝いて見えた。一緒に来てくれるなんて......「あ、ダメだった?」黙っていた俺に心配になったのかチキンは不安そうにいった。「そんなことないよ!一緒にいこう!」こうして俺らは新しい一歩を踏み出した。

シャイニングムーン
未登録ユーザー


トップに戻る Go down

忌み子はやがて伝説になる Empty Re: 忌み子はやがて伝説になる

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: