輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

新しいトピックを投稿   トピックに返信

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down

この小説は面白いですか?

50% 50% 
[ 1 ]
50% 50% 
[ 1 ]
0% 0% 
[ 0 ]
0% 0% 
[ 0 ]
0% 0% 
[ 0 ]
 
投票数 : 2

輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Thu May 05, 2016 12:56 pm

くわ!!猫です。今回が初めて投稿
よろしくお願いします。


最終編集者 ちくわ猫 [ Sat Jul 16, 2016 7:38 pm ], 編集回数 5 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ヘザーストーム on Thu May 05, 2016 1:13 pm

!!新小説おめでとうございます!
題名がかっこいいですね!かっこいいというか素敵です(^ω^)内容が気になります…!
執筆頑張ってください!
avatar
ヘザーストーム
副長
副長

投稿数 : 262
Join date : 2016/04/05
Age : 12
所在地 : 底なし沼の中の干し芋貯蔵庫

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ジェイホープ on Thu May 05, 2016 7:17 pm

新小説おめです!!
これは…知ってる予感がしますねww
更新楽しみにしています!
avatar
ジェイホープ
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 179
Join date : 2015/12/10
Age : 14
所在地 : この地球のどこか(`・ω・´)

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Thu May 05, 2016 8:40 pm

レイン族〇
・ウォームライト(暖かな光)
 冷静で、好奇心旺盛。ウォームアイが乗り移った時だけ守護霊が見える。

・メモリー(記憶)
 ウォームライトの守護霊。
 優しい。大人びている。
  触れられたくない過去がある。

・ライトニングアロー(稲妻の矢)
 族長。赤っぽい毛と黄色っぽい毛が混じっている。

・グラステイル(草の尻尾)
 副長。細めの尻尾をしている。

・リーフツリー(葉の木)
 ウォームライトの母猫。

・クラウドフット(雲の足)
 ウォームライトの父猫。

・スノーフラワー(雪の花)
 ウォームライトの友達。優しくて、のんびりしている。

・ホワイトテイル(白い尻尾)
 ウォームライトの友達。しっかりもので、ウォームライトのことが好き。

・ハニービー(ミツバチ)
 ウォームライトの友達。スノーフラワーが好き。お調子者。

・アイスストーム(氷の嵐)
 看護猫。真っ白。

クラウド族〇
・バタフライアイ(蝶の眼)
 族長。

・ムーンファング(月の牙)
 副長。

・シルクペルト(絹の毛皮)
 看護猫。

ミスト
・ローズマリーリーフ(ローズマリーの葉)
 族長。

・レッドファー(赤色の毛皮)
 副長。

・イエローマウズ(黄色い口)
 看護猫。

プール
・キャロットフット(ニンジンの足)
 族長。

・シャークトゥース(サメの歯)
 副長。

・バードフェザー(鳥の羽根)
 看護猫。
スカイウォーター族(スター族的な・・・)
 金の猫
 スカイウォーター族の使い。






最終編集者 ちくわ猫 [ Sun Jul 31, 2016 12:00 pm ], 編集回数 3 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Thu May 05, 2016 8:42 pm

こんちくわ!!お二人ともコメありがとうございました!!!!!!!
これからもがんばります! Razz Laughing Very Happy Smile
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sat May 14, 2016 12:21 pm

プロローグ

暗く、冷たい夜の森。一匹の青みがかった白い猫がっていた。


彼女は逃げていた。それも命がけで。そいつは容赦なくやってくる。

後ろから、考えられないほど、速く、速く。

ー人々はそいつを《悪魔》と呼んだ。猫たちは・・・まだそいつを知らなかった。

彼女は森一番の走り手だった。森で彼女に勝てる猫はいなかった。

その彼女でさえ、そいつにはかなわなかった。

彼女の息は続かなくなり、スピードも落ちてくる。

小川を飛び越え茂みをくぐる。

彼女はわざと複雑な道をたどり、確実に、確実に、そいつを森から引き離していった。

でも、彼女にだってわかっていた。そいつは必ず戻ってくると。


最終編集者 ちくわ猫 [ Sun Jul 10, 2016 10:32 am ], 編集回数 1 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sat Jul 02, 2016 4:37 pm

第一章~始まる朝~

 あ、あっぶない!眠るとこだった!今は寝ずの晩の真っ最中。隣のスノーフラワーを見ると、

彼女の薄藍色の眼はかろうじてあいていたが、今にも眠りそうだった。

上り始めている太陽は、まぶしい。特に寝ずの晩の時には。スノーフラワーも朝日のおかげで眼が覚めたようだった。

ああ早く戦士部屋の寝床にいきたい。初めて眠る戦士部屋って、どんな所何だろう。先輩戦士さんがいっぱいいるんだろうな。

早く朝にならないかな。「そうね。私も見習いの頃はそうだったわ。」わっ!びっくりした!彼女の名はメモリー。私の守護霊なの。

「もう。ウォ―ムライトったら。そんなに驚くことないじゃない。生まれた時からの付き合いでしょ。」

そんなことを言ったって、びっくりすることはびっくりする。

メモリーには実体がない。文字通り、記憶だけで出来ている。彼女はスカイウォーター族に入り、実体を保つことを諦めて、私の守護霊になったのだ。

メモリーに感謝感謝。

そして、私には能力がある。メモリーが乗り移った時にだけ、他の猫の守護霊が見えるのだ。

そもそも、猫は自分の守護霊は見えないものらしい。普通は。だから私は、昔は結構変な子猫だと思われていたらしい。

守護霊と、その守護される猫は、運命の赤い糸ならぬ黄金の光の環でつながっている。

環は猫の眼には見えなくて、守護霊には見える。

守護霊ってのは、普通我が子を現世に残してきた母猫とかがなるものらしい。(私には、母猫も父猫もちゃんといる。)

メモリーに感謝感謝。

「二人とも!もう寝ずの晩は終わりだ!」あ、副長のグラステイルだ。

こうして寝ずの晩は終わった。


最終編集者 ちくわ猫 [ Sun Jul 10, 2016 10:32 am ], 編集回数 1 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sat Jul 02, 2016 5:08 pm

・・・。更新スピードが情けない・・・。
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Thu Jul 07, 2016 4:06 pm

第二章~紅色の花~

ふぅぅぅぅ・・・ため息をつく私に、ここぞとばかりに睡魔が襲いかかってくる。

ふぁぁぁぁ・・・今度は大きな欠伸をした。

暖かな日差しが、疲れた体をゆっくりと温め、癒してくれる。

「こんちわー!」「やあ」入ってきたのは、友達のホワイトテイルとハニービーだった。

やった!私は、眠いのも忘れて二人に駆け寄った。

後ろからスノーフラワーも伸びをしながらやって来た。

二匹は私達の前に、ハニービーはハタネズミ、ホワイトテイルはリスを置いた。

私は二匹にありがとうと言いリスを取ると、ホワイトテイルは心なしか顔を赤らめたような気がした。

ハニービーは口を開くと、「ねえねえ、後でみんなで狩りにいこうぜ!二人も戦士になったしさ♪」

「いいわね、それ♪一体何をとろうかしら。この季節の獲物は美味しいのよね!!」

スノーフラワーは大変な食いしん坊・・・ではなく、大変な美食家だ。


そして、森にいくことになった。

青葉の季節の森は木漏れ日が降りかかって気持ちがいい。本当に。

「あ!」先頭にいたハニービーが声を上げた。

「どうした?ヘビでもいたか?」ホワイトテイルは聞いた。

「どうしたの?獲物でもいた?」スノーフラワーも聞く。

「ううん。こんなところに見たこともない真っ赤な花が咲いているんだよ!すっごく綺麗なんだ。」

ハニービーの答えに、全員拍子抜けしてしまった。

そしてみんなでその《花》を見てみた。

その花は、確かにそれは、綺麗と言えないこともなかった。百合ぐらいの大きさで、花弁は丸く丸まり、

鮮やかな紅色をしていた。葉は深い緑色をしていて、楕円形をしている。そして、なぜか先が丸く欠けている。

私は、なぜだかその《花》にものすごい違和感を感じた。

『そうね。私もなんだかわからないわ』ああ。またメモリーか。「これ、かかわらない方がいいよね?」

その時、私の耳にこんな囁き声が飛び込んできた。

〔さあ、今だ、今がチャンスだぞ!〕
   
〔わ、わかってるよ〕

〔さ、早く決めろ。行っちまうぞ〕

〔ええっと・・・じゃあ、あの子!〕

〔ああ?あいつは残念ながら守護されてやがる。〕

私のことだろうか。

〔うーん。じゃあ、やっぱあのこにする!〕


最終編集者 ちくわ猫 [ Mon Aug 15, 2016 1:16 pm ], 編集回数 3 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sat Jul 09, 2016 10:37 am

第三章~森で~

みんなと一緒に狩りをしている間も、ずっとさっきの囁き声が気になって仕方がなかった。

そのせいか、その日は失敗ばかりだった。

まず、スノーフラワーにぶつかり、(そのせいで彼女はクロウタドリを逃した。もちろんすっごく怒られた。)

ホワイトテイルの足を踏み、(彼は気にしていないよ、と言っていた。そうだといいんだけど・・・。)

ハニービーを驚かせ、転ばせてしまった。(彼を驚かすのは簡単だ。ありえないくらい。)

そして、私は、何も捕ることができなかった。

「はあああああああああ・・・。」超巨大ため息を発射した私の肩に、真っ白な尻尾が置かれた。

「ホワイトテイル!」「今日のことは気にするなって。あんなのたいしたことないさ。」にっこりと微笑むホワイトテイル。

優しいんだな、ホワイトテイルって。

「ありがとう。おかげで元気でた。」私が本当に心配なのは、実はこのことじゃない。

さっき聞いてしまった話で、一つ思い当たる事があったのだ。それは・・・

「ポイズンリヴァー族」。前世で重大な過ちを犯した猫たちが行く、悪魔が支配する恐ろしい場所。

あまりにも恐ろしいため、一般には知られておらず、族長と看護猫さえ、知っている者はごくわずか。

そんなことをなぜしがない新米戦士の私が知っているのか。

すべてメモリーのおかげである。

メモリーに感謝感謝。(最近私は、メモリーに感謝することが増えたような気がする。)

後ろでは、ハニービーとスノーフラワーが獲物自慢大会を開催している。二人だけで。

・・・まったく。仲のいい二人だ。



~後書き~
この「第三章~森で~」で一番苦労したのは、やっぱり題名ですね。
第一章・第二章の題名は苦労しなかったのに・・・。
そこで、苦し紛れに~森で~に、しました。え、聞いたことがある?気にしない気にしない。


最終編集者 ちくわ猫 [ Sun Jul 31, 2016 12:01 pm ], 編集回数 2 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sat Jul 09, 2016 11:07 am

第四章・・・の、前に補足の説明。

〇スカイウォーター族について〇

基本的にはスター族と同じ。ただ、スカイウォーター族は

族長、というか神が治めている。族長は四人いて、それぞれ

「レイン(♀)」,「クラウド(♂)」,「ミスト(♀)」,「プール(♂)」がいる。
              キヨミズ
昔は「スプリングウォーター(清水)(♂)」も、いたが、追放された。

〇ポイズンリヴァー族について〇

追放されたスプリングウォーターが作り上げた闇の世界。

また、悪魔というのは、ポイズンリヴァー族の戦士(?)の、ようなもの。


最終編集者 ちくわ猫 [ Sun Jul 31, 2016 12:38 pm ], 編集回数 2 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sat Jul 09, 2016 12:10 pm

第四章~守護霊の苦悩~<メモリーサイド>

くるん↺空中一回転!見事に決まりましたアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!

なぁんてね。

   ・・
昨日のアレ、あの子はすごく気にしていたみたい。

しかも、「ポイズンリヴァー族」、という予想、あながち合っていないこともなかった。

そして、最近悪魔たちが下界に降りてきているという噂が、
守護霊の間で絶えないのだし。

「ちーっす!」ホワイトテイルの父であり、守護霊でもあるフレイムだった。

彼は、いつも冷静なホワイトテイルと違いとても元気・・・というより、呑気だ。

ポイズンリヴァーの手先の悪魔たちが、数十年ぶりに現れたというのに・・・

待って、数十年・・・?前にもこんなことがあったような気が・・・

そう、確かそれは、私が逝く前のこと・・・

ギャイイイインッ!

突然、私の頭に犬に噛まれたような痛みが走った。

これは、なに・・・?

私の記憶を、何かがガードしている・・・

でも。思い出さなければ、いけないような気がした。


~後書き~
メモリーサイドは難しい・・・
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Mon Jul 18, 2016 8:15 pm

第五章~真夜中~

真夜中。うっそうと茂った森の木々が、

月明かりでうっすらと光っている。

そんな美しい森の、暗い暗い奥の洞窟。

美しい紅色の花が、月の光に照らされて、てらてらと光っていた。

❓〔順調か〕

?〔はい!面白いぐらいにうまくいっています!〕

❓〔守護霊どもの様子はどうだ。〕

?〔ううぅぅぅんんんんん・・・〕

❓〔おい!どうなのか!はっきりせい!!〕

❔〔マアイイジャン。コッチダッテクロウシテルンダゼ。〕

❓〔ふん!お前は黙ってろ!〕

❔〔テイウカサア。アンタサイキン「!」、オオイヨネェ。ケツアツアガルヨ。〕

❓〔うるせい!そっちこそやたらと片仮名ばかり使っているじゃあないか!!!!〕

❔〔ヘッ。ツバトバシテオオゴエデシャベッテンジャネエヨ。ジジイ。〕

❓〔おい!今なんか言ったか!!〕

❔〔アァン?〕

❓〔けっ!〕

ぼかすかぼかすか・・・



?〔まあまあお二人とも・・・。それくらいにして。今は任務に集中しましょう、ね!〕

❓〔うるせい!!!!〕 ❔〔シンマイハダマッテロ。〕

             同時であった。
______________________________________________
~後書き~

なんだか会話文ばかりになってしまいました。

でも会話文って面白いですね。


最終編集者 ちくわ猫 [ Sun Jul 31, 2016 11:53 am ], 編集回数 1 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Wed Jul 20, 2016 4:10 pm

第六章~真夜中 其の二~

その頃キャンプでは。

ハニービーにホワイトテイルが、悩みを打ち明けていた。

ホワイトテイル「はぁ・・・。俺の悩みってのはな、」

ハニービー「わかった!!ウォームライトのことでしょっ!」

ホワイトテイル「///お、大声で言うなよ!ていうか何でわかった!?」

ハニービー「えぇぇ?誰だってわかるよ~」

ホワイトテイル「!!俺そんんんな、わかりやすいか!?!?」

ハニービー「うん♪(即答)」

ホワイトテイル「ああもう俺明日からあいつと顔合わせらねぇ・・・」

ハニービー「まあまあ。本人は意外と気づかないもんだよ♪」

ホワイトテイル「そうか?」

ハニービー「コクッ」

ハニービー「それで、ウォームライトちゃんがどうしたの?」

ホワイトテイル「(ちゃん?)・・・最近あいつ、ミスが多くて、

        何かあったんじゃないかって、心配なんだよ・・・・。」

ハニービー「ふうん・・・で、その悩みに心当たりって、あるの?」

ホワイトテイル「特に・・・」

ハニービー「そうなり始めたのはいつごろからなの?」

(ん?)ホワイトテイルは、そこで小さな違和感をおぼえた。

いつものハニービーなら、調子に乗ってあれこれくだらない憶測をしてくる。

なのに今日は・・・(ま、いっか。あいつが真面目になってきたのなら、それはそれでいいことだ。)

ホワイトテイルは気を取り直すと、またハニービーとしゃべり始めた。



~後書き~
なんだか最近会話文ばかり書いていますw
私は、恋とか書くの苦手なほうなんで、難しいかと思いきや、意外や意外、
案外簡単でしたww


最終編集者 ちくわ猫 [ Sun Jul 31, 2016 11:51 am ], 編集回数 1 回
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sun Jul 31, 2016 11:40 am

何だかタイトルがバカ長くなりましたねww
まあ、最後のほうの、紅色の花どうのこうのの部分は適当にカットしてくださいww
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by ちくわ猫 on Sun Jul 31, 2016 1:18 pm

第六章~早朝の雪花~

がつがつ、バクバク・・・がつがつ、はぐはぐ・・・むしゃむしゃ、もぐもぐ・・・

「あなたねぇ・・・もっと丁寧に食べようって、そういう気持ちはないわけ?」

あきれたように、薄桃色の猫は言った。

「だって、はぐぐだって、むしゃむしゃ仕方がないじゃない。ごっくん朝はお腹が減るのよ。」

真っ黒な毛に、まるで花が咲いたような白い斑点のある、綺麗なーそして少しぽっちゃりとした

猫が答えた。

「それに・・・」 「それに?」

「最近ハニービーの様子がおかしい!」

「ふーん」

「ふーんって何よ!気にならないの!」

「別に。ハニービーがおかしいのって、いつものことじゃない。」

優雅にネズミにかぶりつくと、薄桃色の猫ーウォームライトは言った。

そうじゃない。そういうことじゃなくて・・・もっと、その、違和感っていうか・・・

「かぶりついたウサギに、骨が一本多かったような感じなの!」これだ!

スノーフラワー、あなたそんな表現しかできないの・・・?
          
ウォームライトは心配にあったが、黙っていた。

それよりも・・・

「あなた、よく見てるわね。」

「え、それは、その・・」

怪しい。

「友達だからね!うん・・・」

じろじろ。

「それより、なんで違和感を感じたの?」

聞いてみる。

「だって、彼いつも右足から歩くのに、最近左足から歩き出してるもん・・・

それに、いつも朝はネズミ・ハト・ネズミの順で食べるのに、最近は、ハト・リス・ネズミの順

に食べてるもん。それに・・・」

「ちょっとタンマ。あなたどんだけみてるのよ。」

答えを聞くのが恐い。

「トップシークレット☆」

「あと・・・なぜそんなに見る。」

「そりゃあ、友達、だから・・・?」

「ほんとにそれだけ?」

(あれ?ほんとにそれだけかなあ・・・もしかして私・・・)

「・・・。」

スノーフラワーは、そのふさふさした尻尾をふって首をかしげた。


~後書き~
クーラーを発明した人に感謝!
クーラーが無いと夏は乗り切れません( ;∀;)
次はアクション(?)を書いてみたいですw
avatar
ちくわ猫
年長戦士
年長戦士

投稿数 : 152
Join date : 2016/04/23
所在地 : ちくわ星ちくわ町ちくわ番地 ちくわの湧き出る泉の近く。最近ちくわがよく降る。

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

Re: 輝く光の環の絆~暖かな絆~ 紅色の花と守護霊

投稿 by Sponsored content


Sponsored content


トップに戻る Go down

前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: